本文へ移動

第21期(2022年度)

3/6~11/27までの間、毎週末活動を行っています!
活動詳細はこちらでチェック!
RSS(別ウィンドウで開きます) 

6月11~12日 女子第7ステージ

2022-06-18
カテゴリ:女子ステージ
青空の下でチーム農園作業!
今回も日帰り活動。土曜日はオンラインでチーム農園計画、日曜日は塾へ来てコムギの収穫とチーム農園作業を行いました。

自分たちで植え付けた野菜を収穫できるようになり、塾生たちの喜ぶ顔が見られました。
6 月11日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画~
Aチームのアズキがネキリムシに食べられてしまいました…虫探しの予告に「えっ!?」「いやーー」という反応。頑張って探しましょう!
オンラインでのチーム農園計画も慣れ、自分たちで司会進行する様子も。
コムギの刈り方を動画で確認。日曜日やる作業のイメージが湧いたかな?
6月12日(日) 活動前の自由時間
蝶結びの練習!とてもきれいに結べているね。
チーム農園で初めての収穫!立派なキュウリがとれましたね。
こちらもキュウリを収穫!朝採れ野菜、なんて贅沢(ぜいたく)でしょう…
共同農園作業
ノコギリ鎌でコムギを収穫。手からこぼれ落ちないように、少量ずつ刈っていきます。
トントンと、コムギを揃えてからまとめる作業へ。丁寧にできていましたね。
まとめたコムギを麻ひもで束ねます。ギギギッという音が聞こえたら、しっかり縛(しば)れている証拠(しょうこ)!
最後に、できたコムギの束を干し台へ。みんなで協力して頑張りました。
「あっ!飛び出てる!」びよーんと1本だけはみ出し者が。戻してあげたのかな?
落ち穂を拾ってカメラ目線。みんなは「落穂拾い(おちぼひろい)」っていう絵画知ってる?
使った道具を片付けて、作業は終了です!
昼食
お昼は、冷やし味噌ラーメンと桑の実ジャムパイ。前回ステージで採ってきてくれた桑の実を美味しく食べることができました!
チーム農園産の朝採れキュウリ!
「すごーい!どっちも食べたい!」両チームのキュウリが並んでいます。食べ比べしてみたかな?
とっても美味しそう!みんな残さず食べていましたね。
自由時間
綺麗な歌声が聞こえました。広い場所で歌うのは気持ちいいね。
3人でセッション!いろんな楽器の音色が聞こえてきました。
塾生室で勉強。中学生はもうすぐテストのようですね。
チーム農園作業
計画を確認したら、チーム農園作業を開始!
カボチャとキュウリに追肥。どちらも結実(けつじつ)してきて嬉しいですね。
スイカのツルが伸びてきたので、ネットを開けて敷きわらをしました。
キュウリを誘引。もう慣れた手つきですね。
楽しみにしていたネキリムシ探し!しかし、見つけることはできず…残念。
「敷きわら押さえてるね!」「ありがとう!」良い連携(れんけい)プレーです。
今回の作業でうまくいったところは…?作業後のふりかえりはとても重要です。
「ここはうまくいったから、次も頑張ろう!」意見の飛び交う、良いふりかえりでした。
おわりの集い ~塾頭の話~
「今日は何とか天気がぎりぎりセーフだった感じです。雷が鳴り、雨が降る前に引き揚げられて良かったと思います。

7月の第11ステージでは一人ひとり前に出て、みんなの前で話をしてもらおうと考えています。
チーム農園でどうやって野菜を植えて世話したか、柳川先生や世話人スタッフから何を教えてもらったか、仲間とどうやって協力したか、どんな野菜を収穫したか、どんな野菜が美味しかったか、お茶作りや1泊2日の活動もしました。
入塾式で話した目標は達成できそうか、話すことがたくさんあると思います。人の前で話すのは、人の話を聴くよりも何倍も大変です。これから発表の準備を始めましょう。」
編集後記
今ステージでは、コムギの収穫というイベントがありました。
収穫したコムギは、昨年度の塾生が種蒔きしてくれたものです。冬を越えて、成長した穂が緑色から黄金(こがね)色に染まっていく様は圧巻(あっかん)でした。塾生たちも感謝の気持ちを込めて丁寧な作業をしているのが伝わり、とても嬉しくなりました。

次ステージは、1泊2日の宿泊活動です。塾生たちからの「楽しみ!」という声を聞いて、改めて宿泊活動のできる喜びを感じています。万全な状態のみんなに会えることを楽しみにしています!
W.T.

5月28~29日 女子第6ステージ

2022-06-05
カテゴリ:女子ステージ
あっという間に6月です。
今ステージ、女子の活動では初めて天気に恵まれ、日曜日は丸一日外で農作業を行いました。

30度近い気温の中、ゴボウの世話や、土曜日のオンラインで行ったチーム農園計画に基づいて、チーム農園作業を進めました。

 5月28日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画~
チーム農園の様子や、ネットの立て方をスタッフが畑から生中継!日曜日どうやってネットを立てるのか、事前に確認します。
チームに分かれてチーム農園計画。「種まきには種と黄色コップも必要だよね!」必要な道具がスラスラ出てきます。あっという間に計画を終えました。
 5月29日(日) 共同農園作業 ~ソラマメの収穫~
青空の下体操を行い、農作業をする準備はバッチリです!まずはソラマメの収穫に向かいます。
早速1つ収穫!「実がパンパンに詰まっている!」説明をしっかり聞いて収穫できています。
「下のほうにもたくさんあるよ!!」みんなで声を掛け合って、立派なソラマメを収穫していきます。
「2つ採れた!」目標の2つ達成です!とても大きくておいしそうですね。
みんなで収穫したソラマメの重さを量ります。10分間でバケツ半分以上、1.2kg収穫できました!
 共同農園作業 ~ゴボウの世話~
第2ステージで雨にも負けず、種まきをしたゴボウです。しっかり芽を出しました。
「これは雑草だよね?」ゴボウの芽と間違えないように、丁寧に雑草を抜いていきます。
「ひとつかみでゴボウ2株分…」思ったよりもたくさん肥料が必要です。
「ここにもう少しあげよう!」全体のバランスを見ながら均等に肥料をあげます。
クワで土を柔らかくして土寄せをします。「あともう少し!」使い方も慣れてきました。
「ここ手伝うよ!」みんなで協力してあっという間に土寄せが終わりました!
 昼食
<お昼の献立>
・豆ごはん・冷やし中華・サラダ・揚げシュウマイ・焼きソラマメ・ポリポリそうめん

塾野菜:ソラマメ、タマネギ、カブ、スナップエンドウ、ミズナ、コマツナ、ホウレンソウ、サニーレタス、リーフレタス、自然塾そうめん、新茶

みんなで収穫したソラマメが昼食に出ました。
「初めて食べる!」、「どうやって食べるの?」
さやを剥(む)いて、おいしくいただきました。
 チーム農園作業
チームで必要な道具を確認し、手分けして畑へ持っていきます。
硬くなった土を耕します。前回に引き続き、ザクザクと良い音がしています。
「ポップコーンの種は2粒ずつだよね?」これでチーム農園の野菜の植え付けは完了です!
難しいネット立ても、協力してスムーズにできました。折れないようにそっとツルを巻き付けていきます。
「少し休憩!」水分補給をして、もうひと頑張りです!
キュウリの芽かきをします。「これは脇芽(わきめ)かな?」
「紐(ひも)はこうやって結ぶんだよ!」塾生同士で教え合い、キレイにネットを張っていました。
塾生室で振り返り。「誘引(ゆういん)が難しかった~」、「草取りを頑張った!」様々な声が上がっていました。
 おわりの集い ~塾頭の話~
「今日は暑い中の作業、大変でしたがよく頑張りました。最初の頃のチーム農園は何もなくて寂しい感じでしたが、今は立派な農園です。今日は草とり、追肥、土寄せ、摘芯(てきしん)、わき芽かき、など一通りの野菜の世話が出来たと思います。次回に向けて、また二つお願いしましょう。野菜がおいしくなるように。少し風があって天気が良いように。
今回みんなが持ってきてくれたスイカの苗は、スタッフ農園に植えておきましたのでスタッフに大事に育ててもらいましょう。」
次来た時に、野菜がどんな風に育っているのか楽しみですね!
 編集後記
とても気温が高く、暑かった今ステージ。少し動くだけでも汗が流れ、一日外での作業は大変でしたが本当によく頑張りました。自由時間には外へクワの実を採りに行く塾生や、四つ葉探しをする塾生がいて、自然を満喫(まんきつ)する様子を見ることができ、嬉しく思いました。

今回のステージテーマ、「積極的に声を出して、全員で活動を盛り上げよう!」を意識して、チームで共通の掛け声を作ったり、自ら手を挙げて号令を掛けたり、回を重ねる毎に成長している姿がとても頼もしいです。活動の3分の1が終了しました。残りの活動でみんなが更に成長できるよう、全力で支援していきます。
R.S.

5月14~15日 女子第5ステージ

2022-05-22
カテゴリ:女子ステージ
今回は塾生たちが楽しみにしていた宿泊活動です。ようやく共同生活を伴う、市村自然塾らしい活動が行うことができました。
土曜日午前中は雨で、室内でチームビルディング、午後は雨があがり、共同農園作業でスナップエンドウの収穫、チーム農園作業ではラッカセイなどの種まき。日曜日にはお茶摘み、お茶作りを行いました。
5月14日(土) はじまりの集い ~塾頭の話~
「今週は2日間の活動で、初めての宿泊です。入塾式の時に話した「3つの心と2つの力」が実行できるか、大事なところです。意識して活動してください。今回、いつもと違う環境で、わからないこと、不安があったらチーム担当に相談しましょう。
今ステージはチーム農園とお茶作り。農作業はその野菜の季節に合わせてタイミングを逃さず作業しなければなりません。作業を丁寧に、協力して終わらせましょう。」
  チームビルディング
課題は「手をつないだ状態で全員が早くフラフープをくぐること」
「まずはやってみよう!」1周回してどうかな?
どうやったら早く確実に回せるか、メンバー同士で意見を出し合い、解決方法を探します。。。
「こういう風に回したら?」何回も繰り返し試行錯誤(しこうさくご)。
「やった!すごい!最初の約半分くらいまで縮まった!」みんなの協力が結果として現れました。
  スナップエンドウの収穫、チーム農園作業
共同農園の初めての収穫。みんなの食事に出るスナップエンドウを収穫。
「まん丸に太っているもの…」おいしそうなエンドウを探して収穫。
ちょっと味見を…「甘い!おいしい!!」採れたての味に感動!
合計2.4kg!「おお~」塾生たちから驚きの声が。この後の食事で食べ放題ですね。
畑にあいさつをして、チーム農園スタート!
「80cmのところに印をつけて」お互いに声をかけながら植え付ける場所を確認。
畝たて前にクワで耕運。「土が固い!」前回雨の中の作業で、畑の土が固くなってしまったようです。
土をふわふわにして、畝たて。土の塊(かたまり)を崩しながら手で丁寧に平らにします。
「これ、食べられる?」ラッカセイの殻(から)をむきながらそんな一言。育てて増やしてから食べよう。
鳥の被害を受けないようにネットをかけて完成!農作業にもずいぶんと慣(な)れました。
  夜の集い ~マナー講座~
毎年お世話になる岩下先生のマナー講座。「マナーは愛」素敵な言葉です。
あいさつの練習です。「言葉と笑顔を一緒に伝えましょう。」みんないい笑顔です。
5月15日(日) お茶摘み・お茶作り
夏も近づく八十八夜。1番茶はこの時期にしか摘めません。季節を堪能しながら茶摘み。
1チーム300gを目指して摘んでいきます。「あと半分!がんばろう!」
摘み終わった茶葉を厨房(ちゅうぼう)で蒸してもらい、いよいよ製茶。
「お茶のいいにおいがする。」部屋いっぱいに緑茶のにおいが広がります。
完成して昼食にいただきます。「おいしい!」一所懸命作業した結果おいしいお茶に出会えました。
   おわりの集い ~塾頭の話~
「お茶摘みとお茶作りどうでしたか?手作りで行うとこんなに時間がかかる事に驚きですね。ガマン強く作業しないとお茶ができないこと分かりました。みんなが持ちかえるお茶、家族と一緒に飲んで話してください。きっと家族も知らないことたくさんあると思います。
共同生活ではいろいろなことを行いました。お風呂掃除、食器の洗浄など。自分たちか使った場所を自分たちで掃除する、自分たちが食べた後、自分たちで食器を洗う、当たり前のことを自分から進んでやることが共同生活の基本。みんなできていました。やることが多くて大変ですが、楽しいこともたくさんあったはずです。また、ずっと仲間と一緒に生活していると、お互いのことが良く分かります。自然塾での共同生活が待ち遠しくなるよう、仲間と楽しく思いやりを持って活動しましょう。」
  自由時間
宿泊に伴い、自由に過ごす時間もたくさんありました。塾生たちは外に散歩に出たり、室内で歓談したりと思い思いに時間を過ごしました。
「見て!4つ葉のクローバー!たくさんあるよ!」塾庭にしゃがみ込み一所懸命さがしていました。
「フラフープ貸して!」みんな上手に回します。
就寝前の自由時間に宿題をやる塾生もいました。感心感心!
ジェンガを積み上げ塔を作成。大作が出来上がりました!
編集後記
今回の活動は男子に引き続きトライアルとしてコロナ禍での宿泊を行いました。共に過ごす時間が長く、お互いにいろんな話をしていた場面をよく見ました。宿泊の活動で共有する時間の長さが、より仲が深まったと思います。特に休憩時間をうまく使い、外に散歩に出たり、部屋で積み木をしたりと各々が自分で考え行動をおこしていたように見えました。
今回はトライアルでしたが、後半の活動での宿泊に向けて準備、計画を進めていきます。
K.M.
食事当番及び食事
今ステージは食事の準備も手伝いました。食べる人がおいしく食べられるように盛り付けられたおかずを配膳。
スナップエンドウの筋取りも行いました。
ご飯炊きは米研ぎから。「家でもやっているよ。」でも、こんなにたくさんのお米を研ぐのは初めて。
ドキドキしながらマッチを擦ります。みんな上手でした。
今回はメニュー紹介も役割。「今日の献立は…」恥ずかしがりながらもきちんとできました。
(土曜昼食)
・ピタパンサンド ・野菜スープ ・オニオンリング 塾野菜→サニーレタス、リーフレタス、新タマネギ、人参、スナップエンドウ、キャベツ、大根、ジャガイモ
(土曜夕食)
・釜炊きご飯 ・野菜スープ ・ホイル焼き 塾野菜→新タマネギ、人参、スナップエンドウ、キャベツ、大根、ジャガイモ
(日曜朝食)
・釜炊きご飯 ・味噌汁 ・タマネ目玉焼き ・小松菜のおかか和え ・納豆 ・梅干し 塾野菜→新タマネギ、キャベツ、大根、ジャガイモ、ゴボウ、ネギ、味噌、梅干し
(日曜昼食)
・ハヤシライス ・サラダ ・自然塾茶団子 塾野菜→新タマネギ、ジャガイモ、サニーレタス、リーフレタス、スナップエンドウ、自然塾茶

4月30日~5月1日 女子第4ステージ

2022-05-08
カテゴリ:女子ステージ
5月が始まりました。農作業をすると汗ばむ日が多くなり春から夏に季節が移り変わっていると実感します。
女子第4ステージでは塾周辺の危険生物について理解を深め、自分の身は自分で守ること、いざという時の対処方法を学びました。

日曜日にはチームで計画していた夏野菜の植え付けを行いました。
今まではスタッフが見本を見せていましたが、今回は塾生が調べた情報を元にチームで協力して植え付けていきました。

4月30日(土) オンライン活動 ~危険生物~
これは何という虫でしょう?「オオスズメバチ!」とても詳しい塾生もいました。虫が苦手な塾生もいましたが皆、最後まで興味深く聞いてくれました。
危険生物の被害に合わないためにも、正しい服装、危険な場所には近づかないようにしましょう。
5月1日(日)~チーム農園作業~
日曜日はあいにくの雨模様。
ですが、休んでいる暇はありません。夏に美味しい野菜を収穫するためにも夏野菜の植え付けを頑張りましょう!
「植え付ける前にしっかり計画を立てよう!」畑のどの部分に植え付けていくか考えます。今日の目標はみんなで協力すること!
「何㎝の場所だっけ?」計画した畑図を元に目印を立てていきます。
畑の土も固くなっていました。耕し方は覚えているかな?活動で覚えたことを元に畑を耕します。
次は畝たて!畝は作物たちにとってはベッドです。盛った土はふかふかに平らにしよう!
葉を傷つけないように丁寧に植え付けていきます。前ステージに学んだことを思い出しながら塾生同士声を掛け合います。
植え付けた苗に肥料を与えます。ここまで来たらあとちょっと、協力して終わらせよう!
苗にネットをかけます。このネットが害虫から作物を守ってくれます。
ワラを畝に敷きます。雑草が生えてこないように隙間なく並べよう!
無事に植え付けが終わりました。美味しい野菜が収穫出来るといいですね!
昼食
新タマネギやタケノコ、旬の素材がふんだんに使われた昼食です。塾生達も美味しそうに食べていました。
チーム農園作業~作業の振り返り~
植え付けが終わったら作業の振り返り。今日はどこまで出来たか、次はどんな作業が必要か話し合います。
始めての作業もありました。次回行う時のためにしっかり記録しておこう。
共同場所掃除
掃除も立派な塾活動。
協力して計画時間よりも早く終わり、予定していた場所以外も掃除が出来ました。
とても素晴らしいです!
宿泊が始まると掃除する場所も増えてきます。
終わりの集い~塾頭の話~
「雨が降る中みんなでよく頑張ってくれましたね。今日の作業は1人で出来ない事も多くありましたが、みんなで協力し予定していたことが出来ました。次に作業する時はもっとチームワークを発揮して丁寧に早く出来ると思います。
植え付ける野菜について、よく予習をしてくれました。それでも今回初めて行った作業は手こずった事でしょう。
ですが、前ステージ1度行った作業はよく出来ていました。体験したことはよく覚えます。これが出来る様にになるということです。ここでの体験を生かして知っているではなく出来る様になりましょう。」
編集後記
大雨の中の作業は大変でしたが塾生は文句1つ言うことなくに取り組んでくれました。
今回のステージテーマは「チームワークを発揮して行動しよう」でした。
作業中には塾生同士声を掛け合う姿、振り返りの時には塾生の口からチームワークや協力といった言葉を聞くことができ、テーマを意識しながら作業をしてくれたのだと嬉しく思いました。

次回の活動は宿泊です。
仲間達との共同生活の中で塾生が新たに気付き、自主的に行動出来る様にこれからも支援していきます。

K.N.

4月16~17日 女子第3ステージ

2022-04-24
カテゴリ:女子ステージ
枝垂(しだれ)桜の見頃はそろそろ終わり、塾舎から見える景色は青々とした新緑に移り変わっています。

女子第3ステージは、土曜日にオンライン活動、日曜日にチーム農園発表とキャベツ・レタスの植え付けを行いました。
4月16日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画・発表準備~
朝の元気度合いを、0から100の数字で表現しました。100に近い数字を書く人もいれば、落ち込むことがあったから30…なんて人もいましたね。みんなの様子がよく分かりました!
チームみんなで作物のこだわりや、収穫した後の食べ方を考えました。少しずつイメージが湧いてきたようです。一株からどれくらい収穫できるのか、塾頭さんからの宿題も出ました。
4月17日(日) ~チーム農園計画発表準備・発表~
オンラインの続きを話し合いました。チーム名も無事決まり「ここはみんなで言おう!」息が合っています。
役割分担を終え、柳川先生をお呼びしてのリハーサル。言うことなし!と太鼓判をいただきました。
いよいよ本番。大勢の人たちの前に立ち、緊張した面持ちでしたが、ハキハキと自信を持って発表ができましたね!
自由時間
季節の話で「ユキノシタ」の話を聞いた塾生たち。自由時間に探しに行きました。「かわいい模様!」「どんな味がするの?」興味津々です。
「帰って天ぷらにしたい!」と持ち帰った塾生や、「塾頭さんにあげるんだ~」と言ってたくさん集めた塾生もいました。
昼食
チーム農園発表で頭を使った塾生たち。たくさんの野菜を使ったビビンバ丼とつけ麺をペロリ。これで午後の農作業も頑張れそうですね!
共同農園作業 ~キャベツ・レタスの植え付け~
午前中に降っていた雨もあがり、午後は外での農作業!
二手に分かれてキャベツとレタスの苗を植え付けていきます。
一つ一つの作業を確実に行い、丁寧(ていねい)を意識しました。
まずは畝(うね)たて。クワの扱いも上達してきました。
畝の土を手で平らにしていきます。畝全体を見て平らかどうかの確認!
苗を植え付ける場所を決めます。手分けして一直線に並べました。
穴を掘ったら苗の植え付け。根を傷つけないようにそっと触っていました。
レタスの植え付けも優しく慎重に…。
ここでクイズ!肥料はどこに撒けばいい?みんな真剣な表情です。
葉の周りに元肥(もとひ)をすることで根の先端から栄養を吸収してくれます。
最後に協力して虫よけのネットを掛ければ、作業は終了!今後のチーム農園作業に活かしましょう。
集合写真
Aチームは塾庭のクリの木に登ってパシャリ。わいわい楽しげな様子が画面越しでも伝わってきますね!
Bチームは塾生室でパシャリ。自分たちでカメラを持って撮影していました。みんないい笑顔!
おわりの集い ~塾頭の話~
「天気が不安でしたが、みんなイキイキと活動できていました。
チーム農園発表では、野菜のことに詳しくなってきていると感じました。人前で発表すると、質問に答えたりするので新たに分かることがあります。今回の発表の経験をいろんなところで活かしてください。
苗の植え付けでは、丁寧という言葉は知っていても、実際作業してみて、丁寧の意味がよく分かったと思います。慣れるまでは急がず、ゆっくり一つ一つ確実に作業してください。」
編集後記
前ステージ同様あいにくの雨模様でしたが、チーム農園発表、キャベツレタスの植え付けのプログラムにしっかり取り組んでいる様子でした。
チーム農園発表では、両チームとも堂々とした発表ができ、チームとして一つの畑を作り上げていく準備ができました。特に柳川先生の解説を真剣に聞き入る姿はとても印象的でした。活動をより良いものにしようという姿勢が感じられました。
自由時間には仲良く集合写真を撮ったり、みんなで植物を探しに行ったり、自主的な活動も増えてきました。
これからも塾生たちのみずみずしい感性を大切にしながら、活動を支援していきます。

W.T.
TOPへ戻る