本文へ移動

第21期(2022年度)

3/6~11/27までの間、毎週末活動を行っています!
活動詳細はこちらでチェック!
RSS(別ウィンドウで開きます) 

11月27日 第21期生 卒塾式①

2022-12-03
カテゴリ:入塾式・卒塾式
日増しに寒さが身に染みる頃ですが、幸いなことに21期生の卒塾式は男女とも、暖かな陽射しの中で実施することができました。
本年度も男子塾生が午前、女子塾生が午後と分かれての実施となりました。
それでは、卒塾式の様子をお伝えします。
総合塾長 祝辞
山下総合塾長
山下総合塾長からビデオメッセージをいただきました。
「みなさん、卒塾おめでとうございます!
最初に挨拶をしたときに、私は3つのお願いをさせて頂きました。
1つ目は、協力して最高の思い出をつくること。
2つ目は、自分で考えて、工夫をしながら行動すること。
そして3つ目が、自然の大切さを学ぶこと、でした。
この8か月間を振り返って、どうでしたか?大変な事もたくさんあったと思いますが、みなさんと一緒に楽しい思い出は作れましたでしょうか?
実は私のこの3つのお願いは、市村自然塾の中にいる時だけでのお願いではありません。是非、ここでの経験から学んだこと、気づいたことをこれからの日々の中で実践してください。それはきっと、いつかみなさんの役に立ちます。

みなさん、改めておめでとうございました!」
代表理事 祝辞
鈴木代表理事
同じく、鈴木代表理事からビデオメッセージをいただきました。
「みなさん、卒塾おめでとうございます。
7月からは宿泊での活動が始まり、農作業の方法や作物の育成についてだけでなく、共同生活を通して、たくさんのことを学びました。何よりも、ここで出会った仲間と、良い友人になれたと思います。
入塾式でも紹介しましたが、この市村自然塾は、リコーの創業者である市村清の『三愛精神』に基づいて作られました。
『三愛精神』は、
1つ目は、自分だけではなく、周りの人のことを考えること。
2つ目は、日々の活動や勉強を一生懸命にやっていくということ。
3つ目は、地域や支えてくれている人に感謝すること。
この3つのことを忘れずにいてください。」
柳川先生 祝辞
柳川先生
「卒塾生の皆さん、卒塾おめでとうございます。
入塾から今までは長かったですか、短かったですか?
身体も心も成長したのではないでしょうか。
農家でもクワの扱いの上級者になるには、3年かかります。ですが、短い期間でも、それに近いところまで上達した人も何人かいました。
卒塾アルバムのメッセージにも書いたことですが、その中から、一つ。
人の話を「聴く」ということについてです。これは、ただ単に、人の話を「聞く」ことだけではなく、目と耳を話している人に向けて、心で感じ、理解するということです。なぜ、この「聴く」が大切なのかというと、それは説明であったり、あるいはその人の想いであったり、そこから多くのことを学べるからです。
これからも頑張ってください。応援しています。改めて卒塾おめでとうございます。」
村山塾頭 祝辞
村山塾頭
「第21期塾生のみなさん、卒塾おめでとうございます。
新型コロナ禍の中でスタートした今年度の活動でしたが、チーム農園活動はもちろん、保護者参観デー、最後まで頑張ったゴボウ掘り、一日がかりの高松山ハイキング、そして収穫祭、一つ一つがみんなの記憶に刻まれたことでしょう。

卒塾生のみんなに私から応援の言葉を送ります。それは「自分を誰よりも応援してくれるのは、過去の自分」ということです。
最後に自分を励ましてくれて、力になるのは過去の自分です。過去の自分の体験が今の自分を後押ししてくれるのです。その体験の一つがこの市村自然塾関東での活動でありたいと願っております。
最後に卒塾生のみんなに提案があります。一年後にまたここ自然塾で会いましょう。収穫祭でやったように、たくさんの野菜で料理を作りましょう。そして、一年後にみんながどんな風に成長したか、見せてください。みんなと会えるのを楽しみに我々スタッフも活動します。本日は卒塾、誠におめでとうございます。」
卒塾証書授与
塾生の辞(ことば)
嫌なことを自分からできた。仲間と協力できた。これからの人生に活かしたい!
色々なことにチャレンジできた。自然のすごさや、農作業の体験を将来に役立てたい!
ゴボウを慎重に掘るのが大変だった。諦めずにやると成果が出るので、これからも諦めない!
たくさんの経験ができた。初めは緊張していたが、みんなと仲良くなれて良かった!
塾での活動が学校にいる時もずっと楽しみで、最高の経験ができた。友達やスタッフ、美味しい野菜の味を一生忘れません!
野菜を作る大変さをや美味しさを知った。苦手な野菜を克服できて良かった!
塾生に贈る言葉
世話人 内藤啓太
「21期生のみなさん卒塾おめでとうございます。
この9か月間様々な活動をしましたね。みんなはどの活動が思い出に残っていますか?私は高松山のハイキングが一番印象に残っています。文句を言いながらも互いに励ましあい、全員で山頂まで登れたこと、とても頼もしく思ったし、少しずつ成長していると感じました。
この自然塾で経験したことは普段の学校生活では経験できない貴重なものです。この先の人生に何か、活かしてくれると嬉しいです。」


世話人 齊藤麗香
「21期生のみなさん卒塾おめでとうございます。
みんなと過ごした、約9か月間の活動を振り返ると、初めの頃は日帰りでの活動が多く、自分の意見が言えなかったり、本当に仲良くなれるかな?と不安に思ってたことと思います。
後半のステージになりみんなの仲も深まって、自然塾でやりたい事をスタッフに言ってくれるようになりました。例えばサツマイモのツルでリースを作りたい、チームで写真を撮りたいから自由時間を延ばしてほしい、あとは泡風呂に入りたいなど、みんなが「やりたい」と言ってくれたおかげで実現した事がたくさんあります。
これから先も何かやりたい事があった時、できない理由を考えて諦めるのではなくて、みんなが自然塾でできたように、やりたい事に挑戦し、そしてたくさんの経験から学んで成長してください。」
記念写真
男子記念写真
女子記念写真

11月27日 第21期生 卒塾式②

2022-12-03
カテゴリ:入塾式・卒塾式
ビックリ記録発表
男子Aチーム「最重量スイカ:8.9kg」
男子Bチーム「最長ナガイモ:71cm」
女子Bチーム「アーチ栽培カボチャ:12個(白・緑)」
女子Aチーム(おもしろ記録)「にこ坊スイカ」
卒塾記念品紹介
21期生保護者の皆さまから自然塾への記念品として、『充電式草刈り機』を進呈いただきました。
今後の活動で大切に使わせていただきます。ありがとうございました。
餅つき
卒塾式を終えた後、外に移動し餅つきをしました。重たい杵(きね)を振り下ろし、チーム全員で協力して一つの餅をつきました。餅つき自体が初めてという塾生もちらほら。慣れない動きでしたが、奮闘(ふんとう)する様子が見られました。
喫食・歓談
「きなこ美味しい!」塾産のきなこを絶賛してくれました。
自分たちで作った餅は絶品だね。
「おかわり!」最後の食事だからたくさん食べてね。
餅が伸びてる!つきたての餅は美味しいね。
いい笑顔!みんなで協力して作ったから、格別の味かな?
餅を食べ終わってみかんに取り掛かってる?柳川先生のみかんも食べ収めだね。
オフショット
大好きなスタッフとじゃれ合って、塾生たちが積み重なっていました!
みんなで作った寄せ書きをプレゼント!いつの間に作っていたの?!とても嬉しいです。ありがとう!
声を揃えて「ありがとうございました!!」最後の挨拶、心がこもっていました。
式が始まる前に、みんなで集合写真撮影!
餅つき前に、ベンチで一休み。カラフルなバンダナが似合っているね。
スタッフも交えて記念撮影!一緒に撮ってくれてありがとう!
最後の挨拶の前に「「ちょっと待ったーー!」」なんと、寄せ書きをプレゼントしてくれました!
みんなの気持ちが伝わってきたよ。本当にありがとう!
みんなのカメラの先にはスタッフが勢ぞろい!スタッフの集合写真が撮りたかったようです?!
編集後記
21期生のみなさん、卒塾おめでとうございます。

今回私は卒塾式の司会として前に立ち、みんなや保護者の方の顔を見ることができました。みんなの卒塾の言葉や、スタッフからの贈る言葉を聞いていると、思い出がよみがえってきて、何度も涙が出てきそうになりました。…実を言うと少し泣いてしまい、ばれないことを祈りながら進行をしていました。
それほど、みんなと過ごした日々は、私たちスタッフの中で大きな意味を持ち、みんなからたくさんのことを学ばせてもらいました。

短い間でしたが、みんなと過ごした日々、みんなと一緒に作った野菜の味、みんなの成長ぶりは忘れません。本当にありがとうございました。これからも元気いっぱいで、毎日を充実したものにしてくださいね。
また、いつでも自然塾に顔を出してください。一年後と言わず、いつでも、ですよ。それでは、また!
W.T.

3月6日 第21期生 入塾式

2022-03-11
カテゴリ:入塾式・卒塾式
21期生の入塾式はオンライン開催となりました。少し残念な気持ちもありましたが、その反面、塾生の皆さんが塾に来たいという気持ちが高まったのではないでしょうか。
それでは入塾式の様子をお伝えします。

総合塾長あいさつ
山下総合塾長
「入塾おめでとうございます。入塾するにあたり、みなさんに3つのお願いがあります。
1.みんなと協力して、最高の思い出を作ってください。
2.自分で考えて行動してください。自分に何ができるか考えて。
3.自然の大切さを学ぶこと。野菜を育てる楽しみ、汗をかく喜びを感じてください。
是非、塾にいる仲間とたくさんの経験をしてください。
ご家族のみなさん、コロナが落ち着かない状況が続いておりますが、子ども達の成長を楽しみに、ご支援のほどよろしくお願いします。」
代表理事あいさつ
鈴木代表理事
「待ちに待った入塾式ですね。市村自然塾は株式会社リコーの創始者、市村清の三愛精神をもとにつくられました。
三愛精神とは『人を愛し、国を愛し、勤めを愛す』
塾生のみなさんの生活に置き換えると、
・自分だけではなく、周りの人のことも考える。
・地域や周りの支えられている人に感謝をする。
・日々の活動や勉強を一生懸命やる。
ということです。
農業体験や共同生活に一生懸命に取り組み、塾で過ごす仲間と良い友人になってください。わからないことは、スタッフに聞いてね。お家に帰ったら、塾で体験したことを家族や学校の友達に話してみてください。
最後に、保護者のみなさま、最後まで活動へのご支援をよろしくお願いいたします。」
柳川先生あいさつ
柳川先生
「昨年の塾活動に参加した人も、今年初めて参加する人もいると思います。農作業が初めての人もいるでしょう。ぜひ、野菜の顔色(葉の色)を見極めて、健康を判断できる人になってください。友達の顔色を見るような気持で、野菜をよく観察しましょう。例えば、葉の色が薄かったら、「栄養が足りていないのかな、肥料をあげよう!」というように、判断ができる人になってください。
そして、『知っている人』ではなく、『できる人』になってください。自分で体験して、ものができる人は少ないです。自分の力でできる人を目指しましょう。幅広い人間になれます。視野が広がり、色々な視点が持てるようになります。自分で体験して、仲間と話し合って、やりたいことを決めて、失敗と成功を経験して実のある1年にしてください。」
塾生抱負
・美味しい野菜を作りたい!
・みんなと友達になりたい!
・苦手な野菜や虫を克服したい!
・自然塾での経験や出会いを大切にしたい! などなど…


塾頭あいさつ
村山塾頭
「入塾おめでとうございます。
これから私の大好きな野菜作りを通して、塾生のみなさんの成長を見守ることを大変楽しみにしています。
市村自然塾の理念である「生きる力を大地から学ぶ」。生きる力。経験に勝る力はありません。みなさんの人生の中で支えとなる力です。そして大地から学ぶ。大地である土に種をまき、苗を植え付け、丁寧に世話をし、成長した野菜をおいしくいただく。これらの体験を助け合いながら共同で行うことで、ここぞという時に必要な力を得ることができます。
そこで大切なのが、『3つの心と2つの力』です。簡単にすると、『自然を大事にする』『相手を思いやる』『ルールを守る』『自分でやる』『危険を知る』です。どうでしょう、理解できたでしょうか。
最後になりますが、塾生たちの成長は野菜と同じく、目を見張るものがあると信じております。スタッフ一同、精一杯応援いたしますので、どうぞよろしくお願い致します。」
記念写真
男子記念写真
女子記念写真
編集後記
塾生のみなさん、入塾おめでとうございます!

いよいよ自然塾での活動が始まりますね。みなさんに会えること、そして一緒に活動できることを心から楽しみにしています。入塾式で抱負を話すのは緊張したかと思いますが、第1ステージではぜひリラックスした顔を見せてくださいね。

それでは第1ステージで会いましょう! 


W.T
TOPへ戻る