本文へ移動

第21期(2022年度)

3/6~11/27までの間、毎週末活動を行っています!
活動詳細はこちらでチェック!
RSS(別ウィンドウで開きます) 

6月18~19日 男子第8ステージ

2022-06-25
カテゴリ:男子ステージ
休み時間のドッヂボール。力が入ります!
男子第8ステージは、宿泊活動。
バスを降りて塾舎へ駆けあがる塾生を見て、宿泊できることを楽しみにしていると感じました。

今回は、夏野菜の世話、コムギの収穫、チーム農園を行いました。途中、雷雨が心配されましたが、梅雨の中休みで雨に降られず、存分に農作業を行うことができました。
6月18日(土) はじまりの集い ~塾頭の話~
「今回はコムギの収穫を行います。前の年の塾生が種まきをして、次の年の塾生が収穫して、また種まきをする。リレーのようにバトンタッチしながらずっと続いています。市村自然塾の伝統です。みんなが収穫するコムギも、昨年の塾生が丁寧に種をまき、冬の間スタッフが育ててくれた作物。感謝しながら、どうやって食べられるか想像しながら、収穫しましょう。
今後の活動で宿泊が始まります。自分自身が真剣に活動に取り組んでいるか、農作業に辛抱強く一所懸命取り組んでいるか、仲間と協力しているか等、考えながら活動にのぞんでください。」
 共同農園作業 ~夏野菜の世話~
前回も行った夏野菜の世話。「えーこれが脇芽(わきめ)?!こんな大きいの?」作物の成長に驚き!
農業指導の先生に確認しながら作業を進めます。作物を傷めないポイントをおさえながら作業を進めます。
追肥をする前に敷き藁を寄せます。丁寧な作業です。
「葉の先端くらいの位置に肥料を…」よく覚えていますね。
追肥が終わったら土寄せ。クワの使い方もうまい!
「キュウリから葉っぱが出ている!」珍しい!面白キュウリに大喜び!
 チームワークゲーム
雷を伴った雨雲が近づいてきているとのことで、予定を変更し、チームワークゲーム。
まずは「協力とは?」考えてもらいました。「助け合うこと」、「声かけあうこと」
課題は「新聞を長く切る」こと。チームごと作戦会議をして開始!「うわー!」「切れたー」ワーワー言いながら取り組んでいます。
2回目に挑戦前に作戦会議。「折り目を付けると…」「こっち方向に切ったら…」いろいろなアイディアが生まれます。
「こんなに長く切れた!」2回目の記録は1回目の数倍の長さ!なかなかの記録です。
成功の秘訣を聞くと「声掛け、工夫、練習」などのキーワード。普段のチーム活動でも使おう!
 共同農園作業 ~コムギの収穫~
道具の使い方の注意を受け、作業開始。1本、1粒も無駄にしないように丁寧に。
束ねる人がやりやすいように切り口をそろえること、適度な量を調整する役割も大切。
ザクザク、気持ちよい音がリズムよく聞こえます。慣れてきている様子がうかがえます。
「ちょっと待って」声を掛け合いながら刈り進めていきます。
穂が落ちないようにきつく縛るのがなかなか難しい!一所懸命取り組みます。「ギギギッ」この音はしっかり縛れている証拠。
 テーマのふりかえり
土曜日の夜の時間を使って、1日のふりかえりを行いました。
今回は「人の話を聴く」。3つのポイントを掲げて取り組んでもらいました。
塾生たちは自分がどのように取り組んだか、また、この後からどのような行動をおこすのか塾生手帳にまとめ、チーム担当と一人ひとり話してもらいました。
「話している人に集中、聞き逃さない」「話し終わってから質問する」いろいろな振り返りが出ていました。
日曜日、どんな行動をおこすのか各自塾生手帳に書きました。
6月19日(日) チーム農園作業
まずは作物の様子を確認。「キュウリだ!おいしそう!収穫しなきゃ。」
必要な道具や資材を確認し、役割分担。チームごと苦労しながらも塾生たちで進めました。
「やった!キュウリ収穫!」いい笑顔です。昼食に食べられるように厨房(ちゅうぼう)へお願い。
大小さまざまな雑草が!畝の上の小さな雑草まで残さず取ります。
スイカの畝、敷き藁の隙間から出ている雑草も逃さずにとりました。
「メロンの病気はどうすれば…」「病気のひどい葉を取って、あとはメロンに頑張ってもらいましょう。」先生からアドバイスいただきました。
草刈り鎌も使っての除草。素手の方が取りやすいかな?
追肥土寄せは共同農園でも行ったので、スムーズに作業が進みます。
元気に育つように、ほとんどの作物に追肥土寄せ。次回までにどのくらい大きくなるかな?
今日の作業をふりかえり。目標に対して、「暑くて少し休みすぎた」いろいろ出ました。次回生かせることを書き残し終了。
おわりの集い ~塾頭の話~
「久しぶりの1泊2日、楽しかったですか?10~18ステージまで1泊2日の活動予定なので楽しみにしてください。
今回のテーマは『人の話を聴く』。できている人もいます。今後の活動を考えると、基本的なことができないと不安です。農作業はだんだんできるようになってきています。ここ自然塾での体験から基本的なことを身に付けましょう。そして、自然を大事にする、辛抱強く野菜を育てる、感謝して食べることなど、1ステージごと、レベルアップしていきましょう。」
 食事・食事当番
ご飯炊きは米を研ぐところからスタート。家でも手伝っていてもこの量はなかなかやらないよね。
「うまく火をつけられない!」慣れないマッチに大苦戦!それでも果敢に挑戦!
食堂では配膳作業。ご飯、汁椀、おかずの位置…。食べる人のことを思って丁寧な作業。
みんなの前でメニュー紹介。一番後ろの人まではっきりと聞こえていました。
「いただきます!」あいさつも食事当番の役割。
【昼食】
・スパゲティミートソース ・キュウリとキャベツのサンドイッチ ・サラダ
塾野菜→キャベツ、キュウリ、タマネギ、人参、大根、サニーレタス、リーフレタス、スナップエンドウ
【夕食】
・釜炊きご飯 ・栃木県の郷土料理¨耳うどん¨ ・和風おろしハンバーグ ・千切りキャベツ ・人参の甘煮 ・飾りキュウリ
塾野菜→キャベツ、キュウリ、タマネギ、人参、大根、ネギ、スナップエンドウ
【朝食】
・釜炊きご飯 ・味噌汁 ・肉じゃが ・飯の友いろいろ
塾野菜→キャベツ、キュウリ、タマネギ、人参、大根、ネギ、スナップエンドウ、青じそ、山椒の実、味噌、梅干し、柳川先生ジャガイモ
【昼食】
・冷やしうどん
塾野菜→キュウリ、大根、ネギ、青じそ、梅干し、手打ちうどん
編集後記
暑い中、頑張りました。共同農園、チーム農園ともに野菜が収穫できるようになって、収穫時の笑顔は素敵です。また、作業も分かるようになり、自発的な行動も見えるようになりました。

今回の活動を経て、塾生たちは宿泊できることを楽しみにしていることがよくわかりました。現在はコロナウィルスの影響も少なくなり、市村自然塾関東でも10ステージ以降、18ステージまで宿泊活動を予定しています。これからも、ここでしかできないたくさんの体験を味わってもらいたいです。
K.M.

6月11~12日 女子第7ステージ

2022-06-18
カテゴリ:女子ステージ
青空の下でチーム農園作業!
今回も日帰り活動。土曜日はオンラインでチーム農園計画、日曜日は塾へ来てコムギの収穫とチーム農園作業を行いました。

自分たちで植え付けた野菜を収穫できるようになり、塾生たちの喜ぶ顔が見られました。
6 月11日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画~
Aチームのアズキがネキリムシに食べられてしまいました…虫探しの予告に「えっ!?」「いやーー」という反応。頑張って探しましょう!
オンラインでのチーム農園計画も慣れ、自分たちで司会進行する様子も。
コムギの刈り方を動画で確認。日曜日やる作業のイメージが湧いたかな?
6月12日(日) 活動前の自由時間
蝶結びの練習!とてもきれいに結べているね。
チーム農園で初めての収穫!立派なキュウリがとれましたね。
こちらもキュウリを収穫!朝採れ野菜、なんて贅沢(ぜいたく)でしょう…
共同農園作業
ノコギリ鎌でコムギを収穫。手からこぼれ落ちないように、少量ずつ刈っていきます。
トントンと、コムギを揃えてからまとめる作業へ。丁寧にできていましたね。
まとめたコムギを麻ひもで束ねます。ギギギッという音が聞こえたら、しっかり縛(しば)れている証拠(しょうこ)!
最後に、できたコムギの束を干し台へ。みんなで協力して頑張りました。
「あっ!飛び出てる!」びよーんと1本だけはみ出し者が。戻してあげたのかな?
落ち穂を拾ってカメラ目線。みんなは「落穂拾い(おちぼひろい)」っていう絵画知ってる?
使った道具を片付けて、作業は終了です!
昼食
お昼は、冷やし味噌ラーメンと桑の実ジャムパイ。前回ステージで採ってきてくれた桑の実を美味しく食べることができました!
チーム農園産の朝採れキュウリ!
「すごーい!どっちも食べたい!」両チームのキュウリが並んでいます。食べ比べしてみたかな?
とっても美味しそう!みんな残さず食べていましたね。
自由時間
綺麗な歌声が聞こえました。広い場所で歌うのは気持ちいいね。
3人でセッション!いろんな楽器の音色が聞こえてきました。
塾生室で勉強。中学生はもうすぐテストのようですね。
チーム農園作業
計画を確認したら、チーム農園作業を開始!
カボチャとキュウリに追肥。どちらも結実(けつじつ)してきて嬉しいですね。
スイカのツルが伸びてきたので、ネットを開けて敷きわらをしました。
キュウリを誘引。もう慣れた手つきですね。
楽しみにしていたネキリムシ探し!しかし、見つけることはできず…残念。
「敷きわら押さえてるね!」「ありがとう!」良い連携(れんけい)プレーです。
今回の作業でうまくいったところは…?作業後のふりかえりはとても重要です。
「ここはうまくいったから、次も頑張ろう!」意見の飛び交う、良いふりかえりでした。
おわりの集い ~塾頭の話~
「今日は何とか天気がぎりぎりセーフだった感じです。雷が鳴り、雨が降る前に引き揚げられて良かったと思います。

7月の第11ステージでは一人ひとり前に出て、みんなの前で話をしてもらおうと考えています。
チーム農園でどうやって野菜を植えて世話したか、柳川先生や世話人スタッフから何を教えてもらったか、仲間とどうやって協力したか、どんな野菜を収穫したか、どんな野菜が美味しかったか、お茶作りや1泊2日の活動もしました。
入塾式で話した目標は達成できそうか、話すことがたくさんあると思います。人の前で話すのは、人の話を聴くよりも何倍も大変です。これから発表の準備を始めましょう。」
編集後記
今ステージでは、コムギの収穫というイベントがありました。
収穫したコムギは、昨年度の塾生が種蒔きしてくれたものです。冬を越えて、成長した穂が緑色から黄金(こがね)色に染まっていく様は圧巻(あっかん)でした。塾生たちも感謝の気持ちを込めて丁寧な作業をしているのが伝わり、とても嬉しくなりました。

次ステージは、1泊2日の宿泊活動です。塾生たちからの「楽しみ!」という声を聞いて、改めて宿泊活動のできる喜びを感じています。万全な状態のみんなに会えることを楽しみにしています!
W.T.

6月4~5日 男子第7ステージ

2022-06-12
カテゴリ:男子ステージ
蝶結びの練習をしました。誘引作業で必須!
今回のステージも土曜日にオンライン活動、日曜日に日帰りの塾活動を行いました。

日曜日は天候に恵まれ、午前午後ともに夏野菜の世話。たくさんの作物に触れることができました。
6月4日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画~
「キュウリがこんなに成長したよ!」2週間ぶりに作物の様子を知ることができました。
オンラインでチーム農園計画を立てました。これですぐ作業を始められますね。
共同農園作業
トマトの芽欠きの説明中。脇芽以外を取らないように気を付けて…
芽欠きにも慣れてきたかな?順調に作業を進めています。
次は誘引。ここで蝶結びの出番です。茎を折らないようにそぉーっと結びます。
畑には雑草がたくさん!追肥する前には必ず除草をします。
追肥が終わると、土寄せです。段々クワの扱いが板についてきましたね。
「あ!ゼロホシテントウ!」真っ赤な体の珍しいテントウムシを見つけました。
作業を終えたら畑に挨拶。全員で協力して作業を終えました。
道具を運んで片付けへ。もうひと踏ん張り!
昼食
冷えたそうめんが体に染みわたります。空豆ずんだ餅は優しい味でした。
みんなが植えたキャベツをたっぷり使った焼きそばです。この量を完食!
自由時間
捕まえたチョウを見せてくれました。自然塾周辺にはまだまだたくさんの生き物がいます。一緒に探しに行きましょう!
塾庭でドッヂボール!自由時間にもたくさん運動しました。
「ねぇねぇ、見て!」タオルでほっかむりしている2人に遭遇しました。なんだか得意げな様子?!
チーム農園作業
「この道具は誰が持ってくる?」役割分担をして作業に移ります。
何はともあれ、まずは除草。地道な積み重ねが大切なのです。
キュウリのネットにも誘引!共同農園での作業を思い出して…
前回種蒔きしたポップコーンを間引き。あっという間に大きくなりました。
メロンにねんちゃく君を散布。これ以上うどんこ病が広がらないことを祈って…
協力して追肥・土寄せ。チームワークも良くなってきました。
祝!チーム農園で初めての収穫!!立派なキュウリを収穫できました。
最後はチーム農園作業のふりかえり。みんなで立てた目標は達成できたかな?次回ステージまで覚えておこう!
おわりの集い ~塾頭の話~
「今日は枝豆と大豆のすごいところを話します。
きな粉、豆乳、湯葉、豆腐、油揚げ、味噌、納豆、もやし…すべて大豆から出来ます。最近では、大豆を使った人工肉もありますね。
枝豆は成長途中の大豆のことで、元は同じものです。枝豆がたくさんできたら、ずんだにして食べてみるのもいいですね。出来立ては抜群においしいです。
野菜に詳しくなると、食べ物にも詳しくなれます。ジャガイモからどんな食べ物ができるか、米や小麦から何が作られるか、興味があることを調べるとどんどん楽しくなりますよ。」
編集後記
関東にも梅雨がやってきましたね。天気の崩れがちな季節になりましたが、今ステージでは雨は降らず一日中外で活動することができました。

トマトの誘引作業では、支柱への蝶結びが難しく、できるまで粘り強く向き合う姿に成長を感じました。チーム農園では初めての収穫をし、収穫したキュウリを分け合って食べている様子を見て、とても嬉しく思いました。

これから農作業はどんどん増えていきますが、その一方で収穫できる作物も増えていきます。地道な作業にも意味があるということを体感し始めたかと思います。今後も実りある活動になるよう、誠心誠意努めてまいります。
W.T.

5月28~29日 女子第6ステージ

2022-06-05
カテゴリ:女子ステージ
あっという間に6月です。
今ステージ、女子の活動では初めて天気に恵まれ、日曜日は丸一日外で農作業を行いました。

30度近い気温の中、ゴボウの世話や、土曜日のオンラインで行ったチーム農園計画に基づいて、チーム農園作業を進めました。

 5月28日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画~
チーム農園の様子や、ネットの立て方をスタッフが畑から生中継!日曜日どうやってネットを立てるのか、事前に確認します。
チームに分かれてチーム農園計画。「種まきには種と黄色コップも必要だよね!」必要な道具がスラスラ出てきます。あっという間に計画を終えました。
 5月29日(日) 共同農園作業 ~ソラマメの収穫~
青空の下体操を行い、農作業をする準備はバッチリです!まずはソラマメの収穫に向かいます。
早速1つ収穫!「実がパンパンに詰まっている!」説明をしっかり聞いて収穫できています。
「下のほうにもたくさんあるよ!!」みんなで声を掛け合って、立派なソラマメを収穫していきます。
「2つ採れた!」目標の2つ達成です!とても大きくておいしそうですね。
みんなで収穫したソラマメの重さを量ります。10分間でバケツ半分以上、1.2kg収穫できました!
 共同農園作業 ~ゴボウの世話~
第2ステージで雨にも負けず、種まきをしたゴボウです。しっかり芽を出しました。
「これは雑草だよね?」ゴボウの芽と間違えないように、丁寧に雑草を抜いていきます。
「ひとつかみでゴボウ2株分…」思ったよりもたくさん肥料が必要です。
「ここにもう少しあげよう!」全体のバランスを見ながら均等に肥料をあげます。
クワで土を柔らかくして土寄せをします。「あともう少し!」使い方も慣れてきました。
「ここ手伝うよ!」みんなで協力してあっという間に土寄せが終わりました!
 昼食
<お昼の献立>
・豆ごはん・冷やし中華・サラダ・揚げシュウマイ・焼きソラマメ・ポリポリそうめん

塾野菜:ソラマメ、タマネギ、カブ、スナップエンドウ、ミズナ、コマツナ、ホウレンソウ、サニーレタス、リーフレタス、自然塾そうめん、新茶

みんなで収穫したソラマメが昼食に出ました。
「初めて食べる!」、「どうやって食べるの?」
さやを剥(む)いて、おいしくいただきました。
 チーム農園作業
チームで必要な道具を確認し、手分けして畑へ持っていきます。
硬くなった土を耕します。前回に引き続き、ザクザクと良い音がしています。
「ポップコーンの種は2粒ずつだよね?」これでチーム農園の野菜の植え付けは完了です!
難しいネット立ても、協力してスムーズにできました。折れないようにそっとツルを巻き付けていきます。
「少し休憩!」水分補給をして、もうひと頑張りです!
キュウリの芽かきをします。「これは脇芽(わきめ)かな?」
「紐(ひも)はこうやって結ぶんだよ!」塾生同士で教え合い、キレイにネットを張っていました。
塾生室で振り返り。「誘引(ゆういん)が難しかった~」、「草取りを頑張った!」様々な声が上がっていました。
 おわりの集い ~塾頭の話~
「今日は暑い中の作業、大変でしたがよく頑張りました。最初の頃のチーム農園は何もなくて寂しい感じでしたが、今は立派な農園です。今日は草とり、追肥、土寄せ、摘芯(てきしん)、わき芽かき、など一通りの野菜の世話が出来たと思います。次回に向けて、また二つお願いしましょう。野菜がおいしくなるように。少し風があって天気が良いように。
今回みんなが持ってきてくれたスイカの苗は、スタッフ農園に植えておきましたのでスタッフに大事に育ててもらいましょう。」
次来た時に、野菜がどんな風に育っているのか楽しみですね!
 編集後記
とても気温が高く、暑かった今ステージ。少し動くだけでも汗が流れ、一日外での作業は大変でしたが本当によく頑張りました。自由時間には外へクワの実を採りに行く塾生や、四つ葉探しをする塾生がいて、自然を満喫(まんきつ)する様子を見ることができ、嬉しく思いました。

今回のステージテーマ、「積極的に声を出して、全員で活動を盛り上げよう!」を意識して、チームで共通の掛け声を作ったり、自ら手を挙げて号令を掛けたり、回を重ねる毎に成長している姿がとても頼もしいです。活動の3分の1が終了しました。残りの活動でみんなが更に成長できるよう、全力で支援していきます。
R.S.

5月21~22日 男子第6ステージ

2022-05-29
カテゴリ:男子ステージ
今回の活動は、再び日帰り活動。
土曜日は、オンラインでチーム農園計画、日曜日は塾に来て農作業を行いました。
久しぶりに天気に恵まれた活動日。気温もさほど高くなく農作業日和。塾生たちは共同農園作業、チーム農園作業を頑張りました。
5月21日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画~
2週間前に植え付けた作物がどのように育っているか、様子を畑からスタッフが生中継!
「ピーマンの花が咲いてきました。」「え!本当?!」
畑の様子からチーム農園計画。「種まきの前に畝たてしなきゃ」今まで行ったことを思い出しながら、必要な作業と道具をあげ、計画を進めました。
5月22日(日) 共同農園作業 ~スナップエンドウの収穫~
天気も良く、農作業日和!昨年、スタッフが種まきしたスナップエンドウが収穫時期を迎えました。
説明を聞いて早速収穫!「すごい!たくさんある!」
「見て、こんなに大きくて立派!おいしそう!!」収穫はワクワクしますね。
ちょっと味見。「……」口に合わなかったかな?後ろでは「おいしい!甘い!」なんて声も聞こえていました。
「まだまだあるよ!」よく見て探すとたくさんあります。取り切れないほど自然の恵みがあふれています。
「バケツの重さが400g…。全部で2.6kg!」大収穫です。食べきれない分はお土産にできそうですね。
  共同農園作業 ~ゴボウの世話~
第2ステージに種まきをしたゴボウ。芽が出て大きくなりましたが、雑草も育っています。
まずは雑草を抜くところからスタート。自分のところが終わったら、他の大変なところも手伝います。
自然塾製のぼかし肥料。「味噌っぽい匂い?」においが独特ですが作物にとっては大事な栄養。
肥料の上に丁寧に土を寄せます。塾生たちもだいぶクワの扱いに慣れて、うまくなりました。
「土を柔らかくして、置くように寄せる。」なかなか難しい…。プロの技を伝授してもらいました。
  昼食
<お昼の献立>
・三食丼・サラダ・オニオンリング・ポリポリそうめん
塾野菜→新タマネギ、サニーレタス、リーフレタス、小松菜、ほうれん草、水菜、スナップエンドウ、カブ、大根、自然塾そうめん

午前中に収穫したスナップエンドウが早速食事に出ました。「おいしい!」加熱することで甘みが増します。
 チーム農園作業
オンラインで計画したことを確認して役割分担。
慣れた手つきで畑に区画分けから畝たて。メンバーと力合わせてスムーズに作業が進みます。
ポップコーンの種まき。すっかり慣れた手つきで、丁寧な作業。
どちらのチームもキュウリのネットたてに苦労しました。「ここを結べばいいの?」
手こずりましたが、完成!スタッフが思っていたよりも早くできました。協力の結果ですね。
「メリョンを病気から守れ!」ウドンコ病が広がらないようにでんぷん水溶液を散布。
「え?切っちゃうの?」立派なスイカを収穫するための摘芯(てきしん)。これも世話のひとつです。
畑の横で作業の振り返り。「予定していた作業全て終わった!」メンバー同士が声を掛け合い、作業を進めたことが良かったのですね。
   おわりの集い ~塾頭の話~
「今日は、小雨が降りましたが、特別暑くもなく農作業日和でしたね。最初の頃より、クワの使い方、作付けのやり方がうまくなっていました。道具の準備片付けも早く手際よくなりました。
活動の始めに野菜は『植え付けただけでは収穫できないこと』、『それぞれに適切な世話があること』を話をしました。これからもそれぞれの野菜に合う世話をこまめに続けて、立派に育てましょう。」
編集後記
今ステージは天気に恵まれ、たくさん農作業ができました。塾生たちも農作業を存分に味わったと思います。
今回塾生たちには「仲間が喜ぶ行動をしよう」とテーマを掲げ、活動を過ごしてもらいました。振り返りの時に実際の行動と、その時の気持ちを聞くと「うれしかった」「ありがたいと思った」という声が聴けました。そのような気持ちで活動を過ごすことでみんながハッピーになると思います。今後の活動でもみんなが気持ちよく過ごせるように続けていきたいですね。
K.M.
TOPへ戻る