本文へ移動

第21期(2022年度)

10月1~2日 男子第15ステージ

2022-10-08
カテゴリ:男子ステージ
「山頂目指して頑張るぞ!」出発前の元気な姿!
久しぶりにすっきり晴れた週末。秋の気配は感じるものの、日差しの下は暑さが残っていました。
今回の男子第15ステージは、土曜日に市村自然塾の近くにある高松山へ1日かけてハイキングを行い、日曜日にはチーム農園作業を行いました。両日ともに、外の作業を思いきり楽しみました。
10月1日(土) 高松山ハイキング 登り~頂上
みんなで和気あいあいと楽しく出発!
「今はこの辺かな?」地図を片手に現在位置を確認。
出発早々スタッフの手を取り…。疲れるにはまだ早い!がんばれ!
はなじょろみち入口の鐘を鳴らしてハイキングコースへ
「揺れるかな!怖い」ドキドキしながらわたります。
「きついけど頑張れ!」足を止めるとヤマビルが上がってきます…。
尾根沿いに上がって一休み。「もうここが頂上でいいよ…」なんて弱音も…。
静かに周囲の音を聞き…。静寂の中にきれいな鳥の声。自然に包まれています。
「やった!1番乗り!」やっとの思いで頂上に到着!
頂上でのお弁当の味は格段においしい!
山頂で記念撮影!登り切った、頑張った!
 高松山ハイキング 頂上~下り道
下りはスイスイ。けれど大きな段差に気を付けて!
下りはチームごとに人に伝えたい「何か」の発見をしてもらいました。
「あ!リス!!」一瞬だけ姿が見えました。ラッキーですね!
大きな松ぼっくり。「ちくちく痛い!」普段見る松ぼっくりではないようです。
ジャーン!道端に落ちているごみがオブジェに。この後もさらに増えていきました。
「ねじねじの木!」不思議な形に育っています。
塾舎に到着。「疲れたけど、いろいろ面白いものを見つけた。」感想を伝えあいました。
 ハイキングの感想 ~川柳で表そう~
5・7・5で表現。「スズメバチ…」歩きながら考えたことを思い出しながらの作品つくり。
「坂道を 相棒使って 登ってく」途中で拾った杖代わりの棒に助けられました。
学校の運動会で途中参加。ハイキングには行けなかったけど、運動会のことを詠んでもらいました
みんな独創的な句で、表現してくれました。
「たこ足3兄弟!」下り道でそれぞれの写真を説明してくれました。なかなか独創的。
10月2日(日) チーム農園作業
日曜日も晴天。チーム農園も存分にできます。
少し大きくなったニンジンの間引き。さらに大きくなるように願って…。
「見て!ちっちゃいカブ!」少し膨らんでいてかわいいですね。
すっかり慣れた農作業。追肥、土寄せもお手の物。
前回に比べずいぶんと大きくなっています。いい感じに順調ですね。
ネットの中に頭を突っ込みミズナの間引き。ちょっと抜きすぎじゃないかな?
腰を伸ばしてひと休憩。「続きも頑張るぞ!」
「うーん!抜けない!」ラッカセイの収穫。根が張っていて丈夫。負けるな!
収穫して干しておいたポップコーン。握ってねじって「きれいに粒が取れた!」
 おわりの集い ~塾頭の話~
「ハイキングではみんなよく頑張りました。頂上までは1回の休憩だけで登り切り、早く着きました。ヤマビルに気を付けながら気を抜くことなく足を動かした結果ですね。みんなの元気にあまり疲れず歩けました。みんな一緒に行動すると元気になります。頂上では富士山に雲がかかって残念でしたが、卒塾してから登る機会を見つけて、また違う風景を見てください。下りも日ごろ気がつかない、看板や野生動物、植物をたくさん見つけました。いつもは「これ見て」と教えられることが多いですが、自分で見つけたこと、気づいたこと、記録したことは印象に残り、記憶に残ります。これが体験の重要性です。農作業もそうですが、何事も自分から体験すると様々なことに気が付きます。家族にも自分たちが見つけたこと教えてあげてください。」
 食事
【土曜昼食】
・ハイキング弁当
塾野菜→タマネギ、パプリカ、ピーマン、間引きカブ、サツマイモ、ビーツ、生姜、ニンニク、梅干し
【土曜夕食】
・カツハヤシライス・ゴボウのポタージュスープ・サラダ・果物・青トマトのコンポート
塾野菜→ナス、タマネギ、キュウリ、パプリカ、ミニトマト、トマト、青トマト、ゴボウ
【日曜朝食】
・栗ご飯・ゴボウ団子味噌汁・煮物・青柚子器のねばねば野菜・キュウリの漬物・葉もの野菜の胡麻和え
塾野菜→ゴボウ、栗、ニンジン、青柚子、モロヘイヤ、オクラ、ネギ、キュウリ、生姜、小松菜、青梗菜、冬瓜、味噌
【日曜昼食】
・ラタトゥイユ・洋風栗ご飯・サラダ・果物
塾野菜→ナス、ピーマン、伏見唐辛子、キュウリ、ゴーヤ、冬瓜、栗、タマネギ、パセリ、イタリアンパセリ
ハイキングで発見! ~各チームの発見~
きれいな小さな花。可憐(かれん)ですね。
キノコが生えている!小さな着眼点。
何かの落とし物…。「さっき見たカモシカかな?」でも違うようです。
秋の七草のひとつ。小さな花がきれいだったと。季節を愛(め)でていますね。
町の区画の目印。道路横にたくさんありました。よく見つけたね。
誰かの食べ後。硬いクルミの殻に穴をあけるなんて丈夫な歯です。
ここが目で、口はひょっとこみたい。」顔を発見!独創的!
何かの足跡!爪の跡がはっきりしているね。
「ん?!タヌキ!!」のように見える切り株でした。
編集後記
まさに秋晴れ。天気に恵まれたステージでした。
高松山ハイキングはみんな本当に頑張りました。登りはヤマビルにおびえながらも山頂まで速いペースで登り切り、気持ちの良い青空のもとお弁当を食べ、下りは余裕の表情で降りてきました。特に下りでは、チームごとにカメラを渡し、気になったものを写真に撮りながら周囲や自然に目を向けてもらいました。いろいろな発見、発想に驚きでした。
翌日のチーム農園では多少の疲れを見せていましたが、間引き追肥土寄せと頑張る姿も見ることができました。残りの活動でも、自らの行動、発見を大切にしてほしいです。
K.M.
TOPへ戻る