本文へ移動

第21期(2022年度)

5月21~22日 男子第6ステージ

2022-05-29
カテゴリ:男子ステージ
今回の活動は、再び日帰り活動。
土曜日は、オンラインでチーム農園計画、日曜日は塾に来て農作業を行いました。
久しぶりに天気に恵まれた活動日。気温もさほど高くなく農作業日和。塾生たちは共同農園作業、チーム農園作業を頑張りました。
5月21日(土) オンライン活動 ~チーム農園計画~
2週間前に植え付けた作物がどのように育っているか、様子を畑からスタッフが生中継!
「ピーマンの花が咲いてきました。」「え!本当?!」
畑の様子からチーム農園計画。「種まきの前に畝たてしなきゃ」今まで行ったことを思い出しながら、必要な作業と道具をあげ、計画を進めました。
5月22日(日) 共同農園作業 ~スナップエンドウの収穫~
天気も良く、農作業日和!昨年、スタッフが種まきしたスナップエンドウが収穫時期を迎えました。
説明を聞いて早速収穫!「すごい!たくさんある!」
「見て、こんなに大きくて立派!おいしそう!!」収穫はワクワクしますね。
ちょっと味見。「……」口に合わなかったかな?後ろでは「おいしい!甘い!」なんて声も聞こえていました。
「まだまだあるよ!」よく見て探すとたくさんあります。取り切れないほど自然の恵みがあふれています。
「バケツの重さが400g…。全部で2.6kg!」大収穫です。食べきれない分はお土産にできそうですね。
  共同農園作業 ~ゴボウの世話~
第2ステージに種まきをしたゴボウ。芽が出て大きくなりましたが、雑草も育っています。
まずは雑草を抜くところからスタート。自分のところが終わったら、他の大変なところも手伝います。
自然塾製のぼかし肥料。「味噌っぽい匂い?」においが独特ですが作物にとっては大事な栄養。
肥料の上に丁寧に土を寄せます。塾生たちもだいぶクワの扱いに慣れて、うまくなりました。
「土を柔らかくして、置くように寄せる。」なかなか難しい…。プロの技を伝授してもらいました。
  昼食
<お昼の献立>
・三食丼・サラダ・オニオンリング・ポリポリそうめん
塾野菜→新タマネギ、サニーレタス、リーフレタス、小松菜、ほうれん草、水菜、スナップエンドウ、カブ、大根、自然塾そうめん

午前中に収穫したスナップエンドウが早速食事に出ました。「おいしい!」加熱することで甘みが増します。
 チーム農園作業
オンラインで計画したことを確認して役割分担。
慣れた手つきで畑に区画分けから畝たて。メンバーと力合わせてスムーズに作業が進みます。
ポップコーンの種まき。すっかり慣れた手つきで、丁寧な作業。
どちらのチームもキュウリのネットたてに苦労しました。「ここを結べばいいの?」
手こずりましたが、完成!スタッフが思っていたよりも早くできました。協力の結果ですね。
「メリョンを病気から守れ!」ウドンコ病が広がらないようにでんぷん水溶液を散布。
「え?切っちゃうの?」立派なスイカを収穫するための摘芯(てきしん)。これも世話のひとつです。
畑の横で作業の振り返り。「予定していた作業全て終わった!」メンバー同士が声を掛け合い、作業を進めたことが良かったのですね。
   おわりの集い ~塾頭の話~
「今日は、小雨が降りましたが、特別暑くもなく農作業日和でしたね。最初の頃より、クワの使い方、作付けのやり方がうまくなっていました。道具の準備片付けも早く手際よくなりました。
活動の始めに野菜は『植え付けただけでは収穫できないこと』、『それぞれに適切な世話があること』を話をしました。これからもそれぞれの野菜に合う世話をこまめに続けて、立派に育てましょう。」
編集後記
今ステージは天気に恵まれ、たくさん農作業ができました。塾生たちも農作業を存分に味わったと思います。
今回塾生たちには「仲間が喜ぶ行動をしよう」とテーマを掲げ、活動を過ごしてもらいました。振り返りの時に実際の行動と、その時の気持ちを聞くと「うれしかった」「ありがたいと思った」という声が聴けました。そのような気持ちで活動を過ごすことでみんながハッピーになると思います。今後の活動でもみんなが気持ちよく過ごせるように続けていきたいですね。
K.M.
TOPへ戻る