本文へ移動

第20期(2021年度)

毎週日曜日に活動が行われています。
(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため例年とは異なる活動日程となっています)
毎週の活動詳細はこちらでチェック!
RSS(別ウィンドウで開きます) 

7月11日 男子第7ステージ

2021-07-16
カテゴリ:男子ステージ
セミが鳴く、梅雨の晴れ間。
二十四節気では「小暑(しょうしょ)」となり、”暑”という字が入っている通り、とても暑い一日となりました。
今回のステージテーマは「収穫(しゅうかく)に向けて、どんな世話があるか覚えよう!」です。
今回初めて使うクワの練習をしたり、4月の第1ステージで種をまいたゴボウの世話をしたりと、外での農作業を中心に活動を行いました。


朝の集い ~塾頭の話~

「今日は主に外での作業です。久々の外での作業なので、スタッフの話をよく聴いたり、作物をよく観察したりするようにしてください。また、今日はとても暑いので熱中症に注意して活動しましょう。今回みんなに活動で意識してもらいたいことは”自立”です。”自立”とは何かを考えながら活動してください。」
クワの練習
これから活動で使うことの多いクワの扱い方を学びました。「道具は便利なものだけど、間違った使い方をすると危険があるよ」
「これがいいかな?」柄の高さが腰と同じくらいのものを選びます。また体力によって重さを選びます。
クワを運ぶときは刃に気を付けて。肩にかけて持つのは危ないので、刃が長靴の高さにくるよう下向きに持ち運びます。
耕し方は振り下ろすのではなく、土の表面を削るイメージ。3回ほどクワを土に入れて、柔らかくします。
柔らかくなった土をクワの上に載せ、畝の上にスッと抜いて土寄せをします。
「なかなか上手くいかないな。1・2・3で柔らかく…」コツをつかむのには時間がかかりますが、精一杯練習しました。
ゴボウの世話
畑へ行く前にゴボウの種を観察しました。この種を約3か月前にまいたけれど、どれくらい大きくなっているかな?想像しながら畑へ移動!
「おー育ってる!」定規で葉の大きさを測るなどして観察しました。この日見つけた一番大きな葉の長さは55cmでした!
観察を終え、さらに大きく育つよう世話をします。まずは草取り。土の中の栄養をとられないように、畝の上の雑草を1つ1つ手で抜いていきました。
1人約3mの範囲を責任感をもって作業しました。早く終わった塾生は他の子を手伝ったり、空いている範囲の作業をしたりしていました。
次に追肥をします。塾では化学肥料ではなく、有機物から作ったオリジナルのぼかし肥料を使います。
栄養を吸収しやすいよう、作物の根の先端に肥料をまきます。葉の先端と根の先端は同じくらいなので、これを目安にまきます。
最後にクワを使って土寄せします。土の中の微生物が肥料を分解して初めて栄養になるので、しっかりと土をかぶせます。
「上手く土がかけられないな~」クワを使って肥料の上に土をきれいにかけるのは難しいね。
昼食
午前中の作業を終えるころには「お腹すいた!今日のお昼ごはんは何かな?」と昼食を楽しみにしている様子の塾生も。
今回のメニューは、手巻き寿司でした。
お米・ジャガイモ・タマネギ・キュウリ・ナス・トマト・キャベツ・ピーマン・青じそ・梅干し・味噌は、塾産のものです。
みんな思い思いに具材を海苔に挟んでいただきました。
梅干が苦手な塾生が多かったようですが、「苦手なものにも少しずつチャレンジしてみよう」という塾生もいました。
卒塾までには出されたものをすべて、よく噛んで食べられるようになるといいですね。
チーム農園作業(Aチーム)
まずはみんなで畑の様子を観察します。作物ごとにじっくりと観察を行っていました。
サツマイモの観察。前回までは虫の被害がひどかったようですが、どうかな?
続いてアズキ。だいぶ大きくなってきたね。
観察したことから、必要な作業を考えたり、作業の目標などを立てたりと計画を行います。目標は「作物を健康にする!」
虫対策として、木酢液(もくさくえき)をトウモロコシにかけました。「茎にもかけた方が良いのかな?」
この間の雨でまた雑草が!これも1つ1つとっていきます。
最後に今日の作業を振り返ります。それぞれで振り返ったことをチームで共有し、次回に活かそう!
「これ欲しい人?」キュウリがたくさん採れたので、みんなで山分けしてお土産にしました。
チーム農園作業(Bチーム)
Bチームも畑の観察をし、その様子から必要な作業を計画します。「トウモロコシが倒れていたよ」
2人ずつに分かれて作業しました。トマトは収穫の仕方を教わり、収穫しました。
「たくさん採れた!」
「見て!笑った口の形みたい!」
キュウリもたくさん採れました。「これ一番大きいかな?」
収穫後はキュウリ・トマト・メロン・トウモロコシ・ゴマに午前中に教わった追肥・土寄せをしました。
作業後「チーム農園ありがとうございました」挨拶でしめくくりました。
最後に振り返り。今日の目標「時間まで全力でやり切る!」→「自分たちで割り振った仕事が出来た!」
塾生室・共同場所清掃
清掃を行うのは今回で3回目となり、少しずつ慣れてきた様子。
チームごとに清掃場所の割り振りを行い、塾生室と共同場所としてトイレ・洗面所の清掃を行いました。
担当したことの無い場所になった塾生は、担当したことのあるチームメンバーに「窓も拭くの?」などと質問している姿もありました。
チーム農園秋の作付け計画
まずは、みんなの意見を聴きたいこと、いろいろな想いや考えがあってよいことなど「話し合いのルール」について聴きました。
その後、チーム農園で育てたい秋野菜について話し合いました。「入塾式のときに、○○さんはダイコンがいいって言っていたね」
野菜の育て方についての本を参考に、みんなの意見を聴きます。
「ビーツはロシア料理にも使われているよね!」「へ~そうなんだ!知らなかった」
帰りの集い ~塾頭の話~
「暑い中でしたが、よく頑張りました。Bチームのチーム農園で採れたキュウリを『”ビックリ記録”に認定してもらいたい』ということでしたが、残念ながら今回は認定できません。何故なら、このキュウリは塾生があまり世話が出来なかったからです。今日みんなで話し合いをした秋野菜で、今度こそみんなで世話をして頑張ってもらいたいと思います。”自立”とはどういうことか考えながら活動することはできましたか?”自立”とは、助けを借りずに自力でやることです。コロナウイルスの影響でまたまた活動がストップしてしまいますが、またこういったことを考えながら活動していきましょう。」
編集後記
梅雨時期の大雨が前々日まで続いていました。活動中にも雨が降らないか心配していましたが、塾生のみんなの行いが良かったのか、晴れ。とても暑い中でしたが、思いきり外で活動を行うことができました。
活動で印象的だったのは、ゴボウの観察です。畑に行く前にゴボウの種を渡し、畑に行ってからは定規で一番大きなゴボウの葉の長さと比べ、何倍に大きくなったかを計算する塾生もいました。作物が育つには、人間の世話だけではなく、太陽の光や雨、土など自然の力が不可欠です。そのことを実感してもらえていたら、とてもうれしく思います。
活動はコロナの影響を受け、またまた休止することとなりました。とても残念ですが、次回また一緒に元気に活動できることを楽しみにしています。
T.M.

7月4日 女子第6ステージ

2021-07-09
カテゴリ:女子ステージ
お久しぶりです。
第1ステージを終えてから2か月半が経ちましたね。みなさん元気でしたか?第6ステージは大雨の影響で活動が中止となってしまい、大変残念でしたね。各地で大雨の被害が報告されていますが、みなさんのお家の周りは大丈夫でしたか?年々自然災害の規模が大きくなり、防災への備えが重要になってきました。万が一を想定して、非常食の準備や避難場所の確認をしておきましょう。
さて、今回の活動報告では、今ステージに予定していた、”コムギの脱穀(だっこく)・風選(ふうせん)”の紹介をさせていただきます。

コムギの脱穀(だっこく)
19期生が種をまき、スタッフが6月に収穫したコムギを脱穀(だっこく)します。
脱穀は穂(ほ)から実を離(はな)し、殻(から)をむく工程です。自然塾では、脱穀機という機械を使って脱穀します。脱穀機はローラーに櫛(くし)状の刃がついて、ワラ束に刃がくいこみ、バリバリと穂を飲み込みながら実を離していきます。ワラをつかむ手も脱穀機に飲み込まれそうになるので、少しヒヤヒヤしますが、塾生の中には「楽しい!」と喜んで作業してくれる人もいます。
コムギの穂先です。殻(から)の先端から細長いトゲのようなものが伸びているのがわかりますか?これを”芒(のぎ)”といいます。靴下に刺さるととても痛いです!
塾で使っている脱穀機です。歴史を感じる見た目をしていますよね。この機会は昭和26年製で、人間の年齢だと70歳になります!まだまだ現役のご長寿脱穀機です。
脱穀機の入り口はこんなかんじになっています。尖(とが)った刃がいくつかついているのがわかるかな?これでコムギの束をバリバリ飲み込んで、穂から実を離してくれます。
レッツ、脱穀!ものすごい勢いで穂から実が落ちていきます。間違って手を入れたら大変‼機械は便利ですが、正しく安全に使ってこそ、意味があります。
脱穀したコムギは茎や葉、殻が付いたままの実、塵などがごちゃ混ぜの状態になっています。このままではコムギ粉にできないので、実とそれ以外を分ける必要があります。
ここで閑話休題(かんわきゅうだい)。江戸時代には”千歯扱き(せんばこき)”という道具を使い、人力で脱穀をしていました。のこぎり状の刃の隙間(すきま)に穂先を入れて引き抜(ぬ)くと、実だけが落ちる、とても画期的な道具でした。千歯扱きが発明される前は、”扱き箸(こきばし)”と言う道具が使われていて、1日で脱穀できるのはせいぜい10束前後だったそうです。
農業と道具の歴史って面白いですね。苦労を経験すると、便利なものをつくるひらめきを得ることができるのだと思います。みなさんも、大変なことにも進んでチャレンジできるようになると、新たな発見やひらめき、出会いに恵まれるかもしれません。
さて、脱穀が終わったら、次は風選(ふうせん)です。
コムギの風選(ふうせん)
風選(ふうせん)は風の力を使って、コムギの実と茎や葉、塵(ちり)などを選別する工程です。葉や塵は軽いので、葉や塵は風に飛ばされますが、実は重いので風に飛ばされずに落ちてきます。また、しっかり中身が詰まった実とスカスカの実も選別することができます。似たような選別方法に”塩水選”というものがあります。これは、発芽しやすい種を選ぶ時に使われる方法です。特に、イネの種籾(たねもみ)を選別するときに利用されます。しっかり中身が詰まっている種籾は重いので沈みますが、スカスカの種籾は軽いので浮かびます。どちらも自然の力や身近なものを使っていますね。
これが”唐箕(とうみ)”と呼ばれる道具です。写真正面の四角い口から葉や塵などが出てきます。
中身がしっかり入っている実は、写真中央の緑色の箕(み)のところに落ちてきます。小石や殻付きの実なども一緒に落ちてきます。
「ストップ」の合図があるまでハンドルを回し続けます。男子塾生からは「腕が熱い!」「まだ?疲れた!」といった言葉が良く出ていました。
最後は人の目と手で、実とそれ以外を選別します。殻が付きの実は手で殻を外して実を取り出します。
風選が終わったコムギの実です。中身のしっかり入っている実だけになっているのがわかりますか?
コムギ一粒のサイズは約6mmくらいです。この一粒が来年のコムギの種になります。
それでは、コムギの話に戻ります。
風選は、”唐箕(とうみ)”という道具を使って行います。塾の唐箕は自動ではなく、手動でハンドルを回して風をおこします。そのため、同じ速さで動かさないと実と葉、塵が混ざったまま出てきてしまうので要注意です。コムギが全部下に落ちるまでハンドルを回し続けなければいけないので、塾生からは「腕が熱い!」「疲れた!まだ?!」の声がよくあがります。みんなにも体験してほしかったな…。
編集後記
女子塾生にはコムギの脱穀・風選の体験をしてもらうことはできませんでしたが、男子塾生が脱穀・風選をしてくれました。そのコムギを使った冷や麦がいずれ昼食で登場すると思いますので、その時は是非、味わって食べてください。
東京都に4度目の緊急事態宣言が発出され、塾に来られる日がまた遠のいてしまいました...。女子塾生は入塾式と第1ステージしか塾に来ていませんね。気持ちが切れないように、できる限りのことはしていきたいと思っておりますので、ご案内差し上げた際は、参加していただけると幸いです。
                                                                                                                                        M.T

6月27日 男子第6ステージ

2021-07-01
カテゴリ:男子ステージ
朝の集い
座卓での挨拶の仕方を覚えました。座布団への上り方、下り方にもマナーがあります。次回からはスムーズにできるかな?
活動を始めるにあたり、塾頭さんからお話をいただきました。
「久しぶりの塾活動ですね。今回は避難訓練があるので、真剣にやることは真剣に、楽しむことは楽しんでいきましょう。
みんなに活動で意識してもらいたいテーマは”自主”です。”自主”とは何かを考えながら活動してください。」
コムギの脱穀(だっこく)
19期生が種をまき、スタッフが6月に収穫したコムギを20期生に脱穀・風選してもらいました。
脱穀は穂(ほ)から実を離(はな)し、殻(から)をむく工程です。櫛(くし)状の刃が動き、コムギの束をバリバリと飲み込んでいく様子は少し怖いような...。塾頭さんに指導していただきながら、自分達の手で脱穀しました。
手をまきこまないように慎重にね。
もれがないか確認しながら何度か機械に入れます。
少し腰が引けていますが、手は止まっていません。
脱穀機がコムギを飲み込む音が「ガガガガ!」と響きます。
使い終わったらお掃除。次の人がすぐに使えるようにします。
コムギの風選(ふうせん)
風選は風の力を使って、コムギの実と茎や葉、塵(ちり)などを選別する工程です。実は重く、葉や塵は軽いので、実とそれ以外を分けることができます。風選は、”唐箕(とうみ)”という道具を使って行います。塾の唐箕は自動ではなく、手動でハンドルを回して風をおこします。そのため、同じ速さで動かさないと実と葉、塵が混ざったまま出てきてしまうので、「ストップ」の合図があるまで腕を動かし続けます。さて、うまく選別できたかな?
一生懸命に唐箕を回しています。
「腕が熱い!」「疲れた!」
「実とゴミが分かれて出てくるの、不思議!」
実と一緒に小石や殻付きの実が落ちてくるので、さらに選別。
殻や葉などのゴミが散らばっているのできれいに掃除。
チーム農園作業
まずは畑の観察から。2週間前にオンラインで観察した時と比べて、何か変わっていることはあるかな?どんな世話が必要かな?
「何かに葉っぱが食べられてる!」犯人はニジュウヤホシテントウでした。
トマトの丈が大きくなったので、支柱に結んであげました。この作業を誘引(ゆういん)と言います。
ナスのわき芽がぐんぐん伸びてきました。誘引して、枝が折れないようにしてあげます。
8の字誘引できるかな?枝に巻き付けるひもは優しく、支柱側はきつくしばります。
トウモロコシの天敵、アワノメイガの幼虫を発見!「ムシ無理!」といいながらなんとか捕(つか)まえました。
昼食
塾の昼食も久しぶりですね。苦手な野菜と向き合う塾生の姿を久しぶりに見ました。今回食べられなかった野菜は、次回、少しでも食べられるように、挑戦する姿勢を忘れずにいてくださいね。
今回の昼食メニューは、夏野菜カレー、サラダ、漬物、カリカリ梅でした。
塾で採れた野菜は、ナス、ピーマン、伏見唐辛子、キュウリ、ミニトマト、キャベツ、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、パセリ、切干大根、味噌、梅、自然塾産の米です。
避難訓練
塾生室から避難する様子。煙で階段が見えにくくなっているので、慎重に避難。ちゃんと低い姿勢を意識できています。
午後は避難訓練を行いました。災害はいつ起こるかわかりません。もし起こったとしても、自分の身は自分で守れるようにならなければいけません。今回覚えたことを忘れないようにしましょう。
避難するときは、”おかしもて”を守って行動しました。「お=押さない、は=走らない、し=しゃべらない、も=戻らない、て=低学年優先」です。今回は、地震発生後に火災が発生した場合を想定して訓練しました。煙を吸わないように、低い姿勢で素早く、落ち着いて行動しました。
帰りの集い
活動の終わりに塾頭さんからお話をいただきました。
「避難訓練では”おはしもて”を守って真剣に取り組んでくれましたね。また、”自主”とはどういうことか考えてくれましたか?”自主”とは自分から行動を起こすことです。嫌々やっていては身に付かないけれど、自ら行動することで自分にできることがどんどん増えていきます。卒塾までにみんなに身に付けてほしいことがたくさんあるので、自分から進んで行動ができる人になってください。」
編集後記
本当に久しぶりの塾活動でした。オンラインで顔合わせはしていましたが、直接みんなの顔を見て話をすると、心が元気になっていくのを感じました。みんなもそう感じていてくれたら嬉しいです。
あいにくのお天気でしたが、チーム農園に少しでも触れてもらうことができてよかったです。次回はお天気に恵まれて、農作業がたくさんできるといいですね。
それでは、次回もみんなに会えることを楽しみしています。忘れ物をしないように、あしおとだよりをよく読んできてね!
                                               M.T

6月20日 女子オンライン活動

2021-06-25
カテゴリ:女子ステージ
塾に来ることができない今、オンラインで何かできないものかと考え、『塾周辺にひそむ危険生物の話』と、『チーム農園の観察』を行いました。
はじまりのあいさつ
活動をはじめるにあたって、塾頭さんからお話をいただきました。

「ようやく活動再開のめどがたちました。女子は2週間後には活動がはじまります。塾ではみんなが来られない間、いつでも再開できるように準備をしてきました。今日オンラインですが、塾生のみなさんもすぐ活動できるように、準備をするつもりで参加してください。今日は全員参加でとてもうれしいです。塾生同士で話し合うこともあるので、ぜひ積極的に発言してください。」
危険生物の話
塾がある寄(やどりき)地区は自然がたくさん。自分でこの生物・植物は危険がどうかを判断できるようになるために、「危険生物の話」を行いました。
塾周辺には危険な虫・植物の他にも、大きな動物が生息しています。出くわしてしまう確率を減らすこと、また出くわしてしまったらどうする?といったお話をしました。
ところどころでクイズを交えて行いました。「ヒルにくっつかれたらどうする?」という問題に2つに別れて考えました。「水で洗い流す」「はらう!」様々な意見が出ました。
正解は「アルコールをかける」でした。塾にきてヒルを見つけたら、スタッフに言ってアルコールをかけてもらってくださいね。
今日紹介した生物は特に気を付けて欲しいものでした。塾の周辺では紹介しきれなかった危険な生物がまだたくさんいます。配ったプリントをみながら、ぜひ調べてみてください。
チーム農園の観察
残念ながら、全ての作物をスタッフが植え付けしました。ただあくまでもスタッフは、塾生のかわり。今後の世話や収穫はみんなで行います。そこで、今回は今畑がどのようになっているのかを観察してもらいました。
はじめにスタッフが行った夏野菜の植え付けの様子をビデオでみました。秋の植え付けではこれをみんなに行ってもらいます。
じゃじゃん!これが今の女子チーム農園です。前々回でみた「オンラインあしおとだより」の時よりも、畑らしくなりました。
キュウリの花の下にはなんと、ミニミニキュウリがなっていました!こうして実を付けるのですね。塾生からは「おおー!」と歓声があがりました。
これはメロンの葉です。白いのは「うどんこ病」という、カビが住みついてしまう病気です。広がる前に、新しい葉を出して欲しいですね…。
あぁ!アズキの根本が切られている!この犯人は「ネキリムシ」という、作物の根本を食べて生きるガの幼虫だと思われます。土の中を探ってみると…
犯人がいました!切られた作物の近くを探ってみると見つかることが結構あります。もしやられてしまったら、土の中を探してみてね。
帰りのあいさつ
「2週間後に塾での活動が再開となりますが、ここでお願いがあります。コロナ対策だけではなく、熱中症対策もしてきてください。塾に来られない時期が長かったので、暑さに慣れることなくいきなり暑い中で農作業をすることになると思います。体調管理をしっかりして、元気に来てください。 また作業する時の服装も用意してきてください。またみんなと会えるのを楽しみにしています。」
解散
最後に記念写真!みんな素敵な良い笑顔です◎塾活動が再開したら、笑顔たくさんの活動にしたいですね。
編集後記
今回のオンライン活動では、女子塾生の声がたくさんきけて、楽しい時間を過ごせました。入塾式・1ステージで実際に会うことがストップしてしまった中、少しでも塾生同士でお話しする機会を作れて本当に良かったです。
今度塾に来た時はチームみんなで、活動はもちろんのこと、休み時間等でお話したり、遊んだりしたいですね!これからたくさん思い出を作っていきましょう◎それでは元気で会えるのを楽しみにしています。
Y.U

6月13日 男子オンライン活動

2021-06-18
カテゴリ:男子ステージ
今回のオンライン活動は、塾で活動する予定だった『塾周辺にひそむ危険生物の話』と、『チーム農園の観察』を行いました。久々に全員が集まり、塾生みんなで楽しむことができました。
はじまりのあいさつ
活動をはじめるにあたって、塾頭さんからお話をいただきました。
「世の中のコロナ感染の状況のために塾に来て活動する事ができていないですが、近々緊急事態宣言が解除される可能性があるようです。状況が良くなれば活動をはじめたいと思っているので、今日のオンライン活動はみんなも活動再開の準備をするつもりで参加してもらいたいです。チームの中で話し合うこともあるので、積極的に発言してください。」
危険生物の話
塾がある寄(やどりき)地区は自然がたくさん。自分でこの生物・植物は危険がどうかを判断できるようになるために、「危険生物の話」を行いました。
知って欲しい重要な生物ナンバー1のハチ。ハチは最悪死に至る危険な生物です。どうしたら刺されにくくなるのかをクイズを使って考えました。
塾周辺に多くいるヒル。ヒル除けをすること、刺されたらアルコールをかけて、ポイズンリムーバーを使うことを知りました。
「ススキの何が危険だと思う?」チームで話し合ってみました。「綿の部分がかゆくなる?」「葉がギザギザしている」見かけたら観察してみようね!
最後に大切なことをおさえました。農作業に出る時の6点セットには意味があったのです!大切なことを忘れずに、活動していきましょうね。
チーム農園の観察
残念ながら、全ての作物をスタッフが植え付けしました。ただあくまでもスタッフは、塾生のかわり。今後の世話や収穫はみんなで行います。そこで、今回は今畑がどのようになっているのかを観察してもらいました。
はじめにスタッフが行った夏野菜の植え付けの様子をビデオでみました。秋の植え付けではこれをみんなに行ってもらいます。
じゃじゃん!これは男子Bチームの畑です。前々回でみた「オンラインあしおとだより」の時よりも、畑らしくなりました。
「ミニトマト、実が付いてる!」「わき芽欠きやってあるね。」前回と比べて大きく生長した野菜に歓声をあげる塾生たち。
男子Aチームのサツマイモは、虫に食べられていて生き残りが4株…。「ええー!」と悲しむ塾生たち。どうやって虫対策をしようか…。
「ペットボトルと卵のカラ両方やろう!」「光る物に弱いらしいから、アルミホイルを置いてみる?」等の意見が出ました。次回やってみよう!
帰りのあいさつ
「今日は塾生全員が参加してくれてとても良かったです。みんなにお願いしたいことがあります。塾での活動再開のために準備をしてください。野菜の育て方を調べるのも良いですし、塾のWebサイトをみてくれても良いと思います。また塾に来られない時期が少し長かったので、暑さに慣れることなくいきなり暑い中で農作業をすることになると思います。体調管理をしっかりして、元気で来てください。」
最後に今日の感想や、塾に来たらやってみたいことをチームで共有しました。

「クワをはやく使ってみたい。」
「危険生物とか植物の生長具合がみれて、楽しかった!」
「次来た時には、害虫対策がしたい。」
「野菜が結構育っていたから、野菜を枯らさないように頑張りたい。」

塾が再開したら、やりたいことがたくさんありますね。
編集後記
90分という短い時間でも、塾生たちと話をするとそれぞれの個性が見えてきてとても面白い時間となりました。また塾生のみんなが塾のことを忘れていなく、次はこれがやりたい!とやる気をみせてくれてとても嬉しかったです。塾活動が再開したら、そのやる気をそのままぶつけて、思いっきり楽しみましょうね!それでは元気で会えるのを楽しみにしています。
Y.U
TOPへ戻る