本文へ移動

第20期(2021年度)

毎週日曜日に活動が行われています。
(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため例年とは異なる活動日程となっています)
毎週の活動詳細はこちらでチェック!
RSS(別ウィンドウで開きます) 

5月2日 男子第2ステージ

2021-05-08
カテゴリ:男子ステージ
左がミニトマト、右が長ナスの苗です。
日中は半袖シャツで過ごせるような暑い日が増えてきました。季節が流れて、二十四節気は「立夏(りっか)」、暦(こよみ)の上では「夏」に入りました。
第2ステージでは、チーム農園の作物の植え付けを予定していました。緊急事態宣言の発令を受け、残念ながら中止となってしまいましたが、スタッフが皆さんに代わって一部の作物を植えつけました。今回はその様子をお知らせします。
植え付けたのは、Aチームの「長ナス」とBチームの「ミニトマト」です。どちらも代表的な夏野菜で、同じ「ナス科」に分類されます。
植え付けの仕方
まずは畝(うね)たてをします。畝の場所を決めて、竹と紐(ひも)を使って目安を作ります。
目安ができたら、クワを使って土を盛っていきます。やわらかい畝にすると、作物も育ちやすくなります。
畝に苗を並べます。目安棒(めやすぼう)を使って等間隔になるように並べていきます。
苗を並べ終えたら、植えつける穴を掘ります。穴が浅すぎたり深すぎたりしないようにするのが重要です。
ポットから苗を取り外します。さかさまにして、根を傷つけないようにゆっくり外します。
ポットを外せたら、いよいよ植えつけです。この時、苗の土の表面と畝の表面の高さが同じになるようにします。
次に肥料をあげていきます。「元肥(もとひ)」といって、苗が育つためのご飯のようなものです。ミニトマトは肥料が多いと病気になりやすくなってしまうので、今回は長ナスだけ元肥をあげます。
自然塾では主に、ニワトリの糞を発酵させた「鶏糞(けいふん)肥料」と、米ぬかなどを原料にして自然塾で作った「ぼかし肥料」の2種類を使っています。今回はぼかし肥料を使いました。
植え付けた苗の周りに丸く溝(みぞ)を掘ります。この時、葉の先端の真下に溝ができるようにします。
掘った溝に肥料をまきます。肥料が葉にかかってしまうと、病気の原因になってしまうので注意が必要です。
肥料をまき終えたら、土をかぶせていきます。肥料が畝の表面に出ないよう、しっかりかけます。
ここからは、再びミニトマトでも行う作業です。
ナスとトマトは、どちらも背が高くなる作物なので、なにもせずに育てていくと途中で折れてしまうことがあります。そのため、「支柱」を使って支えることで折れないようにしてあげます。
植え付けた苗の横に支柱を立てます。苗から遠いと支えられないため、根を傷つけないギリギリの場所にします。
苗と支柱を紐で結びます。この作業を「誘引(ゆういん)」と言います。成長してもきつくならないように、苗と支柱の間で1回ねじってから結びます。
支柱側で蝶々結びにして完了です。誘引は今後の世話でもたくさんやります。
畝の上にワラをしきます。これは「敷きワラ(しきわら)」と言い、保湿(ほしつ)や防草(ぼうそう)など様々な効果があります。
最後に水をあげます。植え付けたばかりの作物は、新たに根をのばすためにたくさんの水が必要です。1株ずつたっぷりとあげます。
これで植えつけ作業は完了です!このあとの世話は皆さんがやります。たくさん収穫できるように、世話は欠かさないようにしましょう。
完成!
Aチームの大長ナス
Bチームのミニトマト
編集後記
皆さんが入塾式の前から準備を進めてきたチーム農園ですから、植え付けを楽しみにしていた塾生も多かったのではないでしょうか。今回の報告を通じて、少しでもチーム農園の空気を感じてもらえればと思います。
早くコロナウイルスが沈静化して、皆さんが安心して生活できることを心から願っています。
K.H.

4月18日 男子第1ステージ

2021-04-23
カテゴリ:男子ステージ
畑に行く途中の八重桜 満開です
待ちに待った第1ステージ。週初めの天気予報では、雨予報が70%で、そして、前日も大雨。
しかし、塾生たちの行いが良かったせいか日曜日は雲一つない晴天に恵まれました。

今回は塾生が楽しみにしていたゴボウの種まき。長いゴボウを育てるために額に汗しながら畑の土を深く耕し、種まきを行いました。
朝の集い ~塾頭の話~
「今回の活動を楽しみにしていた人が多いと思います。一生懸命(いっしょうけんめい)掘ってください。
塾で身に付けて欲しいこと「3つの心と2つの力」があります。今回のステージでは『自然を慈しむ心』について話します。活動を通して、「自然」について考えながら、「慈(いつく)しむ」とはどのようなことか考えながら過ごしてください。
昨日の夜まで雨が強かったので心配していました。今日は晴れました。この天気も自然。人の力ではどうにもならないです。つらい作業になると思います。自分の力でどこまでできるかやってください。」
共同農園作業 ~農作業を始めるにあたり~
農業指導の柳川先生よりお話をいただきました。
「みなさんは人の顔色を見てその人の体調がわかりますね。野菜も”色”で様子を見ます。葉の色で健康をチェックします。考えながら必要な世話をしましょう。もちろん、わからなければ教えますが、深くは伝えません。まず、自分で調べてください。ぜひ、カラーメッセージが読み取れるようになってください。」
共同農園作業 ~ゴボウの深耕運(ふかこううん)~
畑へ出発「頑張るぞ!」
まずは掘り方の説明を聞いてからスタート!
勢いよく掘り進めます。
だいぶ深くなってきて、土をあげるのにも一苦労。
「疲れた…」ちょっと一休み。
昨晩の雨で土が湿っていて重い…。
もうひと踏ん張り!固い土を崩して頑張れ!
途中、固い土の層に阻まれましたが、ここまで深く掘りました。
掘り上げられた土はみんなの背丈よりも高くなっています。
もうクタクタ…。おなかもペコペコ…。
昼食
今回の昼食は密を避けて塾庭にブルーシートを敷いて、塾生、保護者の皆様も一緒に食べました。
昼食メニュー:豚汁 (ネギ、里芋、キャベツ、ネギ、小松菜、タマネギ、人参、椎茸、ゴボウ、味噌) お弁当(筍、山椒、スナップエンドウ、ほうれん草、小松菜、菜花)※( )の中は塾産の素材。季節たっぷりのお弁当です。
共同農園作業 ~ゴボウの種まき~
「せっかく掘ったのに埋めちゃうの?」
そうです。埋め戻した後、ふかふかの土の上に種をまくのです。
掘るのも一苦労ですが、土を戻すのも一苦労。
掘った場所が山になるまで土を戻します。
保護者の方々の協力を得て、ようやく土戻し終了!
「種はこんなに小さいの?」ここからあのゴボウになるから不思議ですね。
1粒1粒丁寧(ていねい)に種をまき、やさしく土をかけて終了。
「何パーセント力出し切った?」みんな85%以上!よく頑張りました!
塾生室・共同場所清掃
帰宅前に自分たちが使った塾生室を掃除。翌週の女子が気持ちよく使えるようにきれいにしました。
トイレ、流しなど共同場所の清掃も行いました。みんなが使う場所、みんなできれいにしました。
帰りの集い ~塾頭の話~
「今回の活動が初めてで慣れない中、みんな頑張っていました。活動中、早速チームで分担、協力ができていましたね。
種まきをしたゴボウの収穫は9月。まだ先です。これも自然に任せるしかないです。
「慈しむ」の解釈(かいしゃく)はいろいろありますが、かわいがって大切にすることもその一つです。この塾で活動をする中で「なぜ自然を大切にしなければいけないのか?」を見つけてほしいです。15ステージまでに自分なりの気づきを見つけてください。」
編集後記
初めての塾活動で、しかも塾の活動の中で体力を使うゴボウの深耕運(ふかこううん)。本当にみんな一所懸命頑張りました!
天気には恵まれましたが、思いのほか気温が上がりました。また、前日の大雨の影響で畑の土が重いこと重いこと…。前半はおしゃべりしながら掘り進めていた塾生も、後半は真剣そのもの。話し声は聞こえず、土にスコップが刺さる音しか聞こえませんでした。本当に精いっぱい力を出し切った様子を見ることができました。これからの活動も目いっぱい力を発揮してもらいたいと思います。
保護者のみなさま、お手伝いありがとうございました。塾生の人数が少ない中、無事に深耕運を終え、ゴボウの種まきをすることができました。
また、種をまいて終わりではなく、追肥や草取り世話が必要です。収穫するときにはどんなゴボウができているか楽しみにしてください。
K.M.
TOPへ戻る