本文へ移動

第19期(2020年度)

11月22日 男子第6回

2020-11-27
カテゴリ:男子ステージ
今回の活動テーマは、「自然の恵み、お世話になった人に感謝し、収穫を喜びを共に味わおう」ということで、収穫祭メインの活動でした。

活動を始めるにあたり、初めに塾頭さんからお話がありました。
「チーム農園発表は大きな声で、伝わるように発表しよう。ただ収穫するだけではなく、感謝の気持ちを持つこと。自然の恵みやみんなを支えてくれている保護者の方々に感謝して、収穫した野菜をおいしく食べましょう。」
チーム農園発表
360度カメラ RICOH THETA にて撮影
今まで頑張ってきた成果を、家族・保護者の方に向けて発表しました。

早いもので、初めてクワを持ってから2か月の月日が流れました。
種をまき、苗を植えたのがつい最近のことのようです。
虫に葉を食べられたり、種をまいたはずなのに芽が出なかったり、作物が少し生長すると嬉しくなったり、いろいろな経験をしました。

前を向いて、自信をもって発表する姿はとても立派でしたよ!
「これはアイスプラントです。種をまいたけれど、芽が出なかったので、後から苗を植えました。葉に付いた透明な粒は塩分です。触ってみてください。」
「これはカブです。種から育てました。カブが土の上に顔を出すくらい大きくなりました。今から1株収穫します。」
チーム農園作業で自分が頑張ったこと、メンバーと協力して作業したことを発表しました。
チーム農園野菜収穫・片付け
ノコギリガマの使い方を教わりました。ハクサイは切るところを間違えると、バラバラになってしまうので要注意です。
2人1組で収穫!カリフラワーは茎が太くて固いので、「固い!切れない!」と言いながら楽しく収穫していました。
ヨトウムシの被害が大きかったカリフラワーですが、無事に収穫できてよかったです。
ブロッコリーも2人で協力して収穫。先週まで花蕾が見えたのは2~3株でしたが、7株も収穫できました。
カブを端から引き抜いて収穫。すぽっと抜けると気持ちいいね。
収穫が終わったら畑の片付け。残渣を全て引っこ抜きます。次回は畑をまっさらな状態に戻します。
ブロッコリーもカリフラワーも食べる部分より捨てる部分の方が多いんだね。片付けも一苦労です。
残渣袋を持ち上げてみたら「重い!」2人では持てなかったので、4人で運びました。
途中で休むこともなく、4人で力を合わせて残渣を運びきりました。チームワークが身についてきましたね。
収穫した野菜と一緒に記念撮影。たくさんとれたので、みんなテンションが上がっていました。
奉納の話
収穫した野菜は奉納台に奉納しました。
日本には「新嘗祭(にいなめさい)」という秋のお祭りがあり、収穫の喜びをみんなで分かち合います。自然塾では、自然の恵みに感謝、お世話になった人に感謝の気持ちを伝える場として収穫祭を行います。
鍋づくり・釜飯炊き
まずは鍋に入れる具材選び。「これ入れたらおいしいんじゃない?」相談しながら決めました。
具が多すぎると食べきれないので、必要な分量を量ります。
塾での調理は初めて。食べやすいサイズになるように慎重に包丁を入れました。
ハクサイを切る手つきがとてもよかったね。普段から料理をしているのかな?
ダイコンはいちょう切りに。チーム農園で初取りのダイコンです。味がよ~く染みますように。
鍋の味付けは、話し合いの結果コンソメ味になりました。おいしく仕上がるといいね。
鍋の火起こし準備。塾で火起こしをするのは初めてのはずですが、とても慣れた様子。
さあ、おいしい鍋に仕上がるかな?
ご飯が鍋より先に炊き上がりました。塾の新米を炊いてもらいました。ふっくらおいしいご飯になったかな?
鍋の味見をしてみました。「うーん。よくわからない...。」味が薄かったのかな?もう一味足してみよう。
昼食
支援企業の株式会社リコーより、阿部さまにお越しいただきました。みんなの発表がすごくよかったとお褒めの言葉をいただきました。
昼食のメニューは、塾生特製「コンソメ鍋」、お父さん特製「ごった煮汁」、鹿カツ、鹿シチュー、自然塾九州の餅(あんこ、ゴマだれ)、柳川先生から頂いたみかんでした。
お味はいかがですか?「ダイコン?カブ?みたいなのが、味が染みてておいしい。」「ハクサイおいしい」味見の反応があやしかったけれど、おいしくなって良かったです。
チーム農園の振り返り・節目の振り返り
チーム農園作業を始める前に立てた目標を思い返しながら、実際作業をしてみてわかったこと、気が付いたことを話し合いました。
「協力することが大事だった。」「やりたい作業が他の人とかぶったらゆずった。ゆずりあいも大切だった。」「率先して作業すると早く作業が終わった。」
「初めてクワを使ったときは重くて嫌だなと思った。でもだんだん慣れてきて、もっと使いたいなと思うようになった。」「野菜のことが好きになった。少しずつ生長していくと嬉しかった。」
節目の振り返りは今回で2回目。「3つの心と2つの力」「自主・自律・自律」をどれくらい意識することができたかな?家や学校でも、意識して生活してみてね。
帰りの集い
活動の終わりに、塾頭さんからお話がありました。
「今日の発表は素晴らしかった。よく練習してくれたことがわかった。
今回のテーマで自然の恵みとお世話になった人へ感謝の気持ちを持ってほしいということで活動してもらった。鍋はおいしかった?自分達が育てた野菜なので、特別美味しかったと思う。日頃から、感謝の気持ちを持って生活してほしい。」

最後に塾生から今日の感想を聞きました。
「発表は緊張したけど、何とかできた。ダイコンを抜いたとき気持ち良かった。」「小さかった野菜が大きく育って嬉しかった。」「お米がおいしく炊けて良かった。」「自分達が育てた野菜が大きくなって、収穫できて嬉しかった。」

次回は最終回。
最後まで全力で活動に取り組みましょう。
編集後記
やることが盛りだくさんの回でしたが、1つ1つの活動に全力で取り組めていたと思います。
次回は最終回ですが、この勢いのまま、みんなで気持ち良く活動を終わらせましょう!
また、今回参加してくださった保護者・ご家族のみなさま、ありがとうございました。塾生がこれまで一生懸命に取り組んできたチーム農園や、その取り組みの成果を保護者・ご家族のみなさま、そして塾生自身に感じてもらう回だったので、みなさまに参加していただけて大変嬉しく思います。塾生達も満足気に発表を終え、鍋の味にも満足していた様子で安心しました。
次回は最終回となりますが、最後までお力添え頂きたく思います。よろしくお願いします。
TOPへ戻る