ステージテーマ:「友達と自然塾になれよう」
 共同生活の目標:「あいさつをしよう」

 第5期生の塾活動が始まりました。今年も様々な地域から28名の男子塾生が集まりました。
市村自然塾では、各ステージごとに「ステージテーマ」と「共同生活の目標」があり、それぞれのステージの特徴や、活動中に力を入れてほしいことなどを挙げていきます。今回は第1歩として、塾での基本生活や一緒に生活する仲間と打ち解けられるようテーマ、目標を掲げました。

3月17日(金)
◇夜のつどい
 いよいよ5期塾生の塾生活が始まります。一番遠い塾生で約2時間強電車に揺られて、バスに乗り換えて塾に到着します。塾に着き、夕食を済ませたら塾頭の話から始まります。
 「入塾式のときに、この塾でやりたいことを言ってもらいました。ボーっとしていては8ヶ月間あっという間に終わってしまいます。自らの力で、人を頼りにせず、いろんなことをやってみよう。」
 これから8ヶ月間実践してもらいたいと思います。
◇就寝準備
 布団は自分で敷きます。早速、自分のことは自分で行いました。
 しかし、年齢差があるチーム内では早く敷き終わる塾生とそうでない塾生がいます。あるチームでは、年長者の塾生がまだ終わっていない塾生を手伝っている姿が見られました。
3月18日(土)
◇起床・清掃
 市村自然塾の起床は6:30です。あるチームの塾生達は、5時30分くらいに目が覚めてしまって、騒いでいました。緊張のあまり目が覚めてしまったのでしょうか?しかしここでは、他の人のことも考えて静かに過ごしてもらいたいものです。
 塾生室の部屋の掃除風景。まだ初めてのことで、スタッフから説明を受けて、掃除に取り掛かりました。この掃除は、毎ステージ行うものですので、早く覚えて自分達だけでできるようになってください。
 共同場所の掃除の様子。
こちらもスタッフに教えてもらいながらしっかり丁寧に行いました。
 共同場所掃除は、3箇所あります。全員で使う場所なので、チームごとに割り振って掃除を行いました。それぞれの掃除場所によって、やり方があります。一つ一つ覚えてもらいました。
◇食事当番
 3つのチームが共同場所清掃をしている間に、1つのチームは食事当番です。今回はAチームが担当となりました。
 食べる人のことを考えて配膳します。茶碗、お椀、湯飲みの並べる順番もしっかり丁寧にやるように教わりました。

                   このページのTOPへ       次のページへ