ステージテーマ:「感謝の気持ちをこめて奉仕活動をしよう!」
早いもので、卒塾式まで残すところ3ステージとなりました。今までこの自然塾で、農作業を中心とした様々な経験を積むことができたのも、地域の方々や地域の方々に守られてきた自然のおかげです。そこで、感謝の気持ちを込めて自然塾周辺の清掃を行うことにしました。

 共同生活の目標:全体で策定
今回も、第4期生28人全員が、がかけがえのない仲間となって巣立ってほしいという願いから、全員で1つの目標を考えてもらいました。

10月28日(金)
◇夜の集い
 塾生活も残りわずかになったので、卒塾に向けて塾生全員で共同生活の目標を1つ決めてもらいました。
リーダーやサブリーダーがみんなの意見をまとめようと前に出てきました。
その後、リーダーとリーダー以外の塾生とのコミュニケーションがうまくいかないことに気付きながらも、お互いどうすることもできないまま話し合いが続きました。
決まった目標は『自分の義務をきちんと果たす!』
10月29日(土)
◇地域清掃
 今までお世話になった、地域の方々や自然に対する感謝の気持ちを込めて、自然塾周辺の清掃を行いました。
前半は、畑から塾舎までの道路を清掃するチームと畑周りの草刈りをするチームに分かれて活動しました。
少し時間が足りなかったようですが、道路も畑周りもすっきりきれいになりました。
◇おやつ
明日はハロウィン!!
ということで、ある塾生がカボチャやおばけの形に型抜きしたクッキーを作ってきてくれました。
見た目もかわいく、とってもおいしかったです。「ごちそうさま〜」
◇地域清掃  〜つづき〜 
後半は、各チーム異なるコースを歩いてゴミ拾いをしました。
歩道の脇にあるゴミも逃しません。塾生たちは、ゴミを発見すると身軽にどこまでも拾いにいきます。
「こんなに拾ったよ!」
コースから帰ってきた塾生が誇らしげに見せてくれました。
きれいだと思っていたここ寄(やどりき)にも、みんなで探すとこんなにゴミが落ちているものなのですね。

                   このページのTOPへ       次のページへ