自然塾TOPICS

リコーの小沼&フレンズの皆さんが金丸隊長と一緒に再訪!

8月26日、以前から度々リコー社員の皆様を自然塾へご案内くださっているリコー・サステナビリティ推進本部の小沼さん(下写真左端)が、6月の訪問に続いて再び社内の有志5人と共に自然塾へ来てくださいました。

※ 写真はすべてクリックで拡大
 

市村自然塾関東は、株式会社リコーの社会貢献積立金制度によって支えられています。またリコーには、同じ制度のもと子どもたちに科学の楽しさ・不思議を伝える「リコー・サイエンスキャラバン」という青少年育成プログラムがあります。
今回の小沼&フレンズのご訪問は、今月末でご定年を迎えられることになった、サイエンスキャラバン隊の “隊長” こと、金丸様(上写真右端)のたっての希望で実現しました。


 
午前10時、塾に到着された御一行は、さっそくコイコン畑で秋野菜の植え付けをしていた女子塾生に混じって、ダイコンの種まきを手伝ってくださいました。

 「はーい、では 畝(うね)を作ってください」
 「よーし、頑張って尾根を作るぞー!」
 「いえ、(尾根だなんて)そんなにスゴイものは作らなくて結構です」
 (一同爆笑)

和気藹々とした雰囲気で元気いっぱい農作業を手伝ってくださった皆様は、塾生たちと一緒に昼食を摂り、午後はムギワラボウシ畑でもう一汗かく気満々! …だったのですが、残念ながら昼過ぎから雨が降り出してしまい、この日の活動はあえなく終了の憂き目に。
 


「リコーは定年で退職しますが、自然塾にはこれまで同様ときどき来ます!」と仰ってくださった金丸隊長、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。